【頂プロジェクト SUB4チャレンジ その5】松浦さん・杉山さんが「チーム プロ・フィッツ マラソン大会」で初フルにチャレンジ! サブ4挑戦の結果は…?

特集 SUB4チャレンジ

コロナ禍に襲われた2020年。目標としていた大会が次々と中止になるなか、「いつ大会に出られるようになるか分からないからこそモチベーションを保って頑張ろう!」ということで始まった「頂プロジェクト SUB4チャレンジ」。ときにはオンラインでやり取りし、ときにはフィジカルディスタンスに気をつけながら仲間と練習を重ねてきました。今回は、そのなかから2人の挑戦者がフルマラソンに挑戦! 果たしてサブ4を達成できたのでしょうか? 当日の模様をお届けします。

これまでの記事一覧

今回フルマラソンに挑戦したのは、ピップ株式会社で「プロ・フィッツ」シリーズのマーケティングを担当する松浦さんと杉山さんです。

練習会の様子&松浦さんと杉山さんのインタビューはこちら!

当初目標としていた大会が中止になってしまいましたが、頂プロジェクトや、ピップが主宰するマラソンチーム「チーム プロ・フィッツ」の活動にも参加しながら、コツコツとトレーニングを重ねてきました。
そして11月にはチーム プロ・フィッツ独自のマラソン大会が開催されることになり、ついに初フルマラソンに挑戦する機会がやってきたのです!

大会が行われたのは、川崎市の古市場陸上競技場。当日は雨予報だったにもかかわらず、幸いにも朝には雨が止みました。おかげで気温もほどよく下がり、寒すぎず暑すぎず、マラソン日和です。

松浦さん、杉山さん、おはようございます!

初フルを目前に控えて、テンションも上がっている様子の松浦さんと杉山さん

松浦さん :  昨夜は遠足の前日みたいに興奮してしまって、なかなか寝付けませんでした…(笑)。緊張しています! でも、体調は悪くないです。雨が止んでよかった〜。走りやすそうなお天気ですね!

杉山さん :  昨日は早く布団に入って、よく眠れました。朝ごはんにおはぎを食べて体調もばっちりです! 以前30km走をした日は猛暑で大変だったけれど、今日は涼しいから良いペースで走れるといいな…

お二人とも、初フルを目前に控えてテンションも上がっている様子。やる気十分です!
サブ4達成を願って、私たちも応援しています。いってらっしゃい〜!

初フルでサブ4達成なるか!

朝9:00、フルマラソンスタート!

朝9:00、フルマラソンスタート!

20名ほどの参加者がおそろいのTシャツを着て走り出します。みなさんがんばれ〜〜

20名ほどの参加者がおそろいのTシャツを着て走り出します!

サブ4を達成するには、単純計算で1kmあたり5分40秒ほどで走る必要があります。後半、どうしてもペースダウンすることを考慮すると、5分30秒台でコツコツ走れるのが理想的。

松浦さん、淡々と自分のペースで、着実に距離を重ねていきます。 杉山さんも淡々と自分のペースで、着実に距離を重ねていきます。

松浦さん、杉山さんともに淡々と自分のペースで、着実に距離を重ねていきます。

ほかの参加者とすれ違うときや、周りから応援の声が聞こえると笑顔で手を振り返しながら声をかける余裕も。

ほかの参加者とすれ違うときや、周りから応援の声が聞こえると笑顔で手を振り返しながら声をかける余裕も。

ハーフまでは二人とも目標より少し速いくらいのペースで快調な走り! これはもしかして、余裕のサブ4達成もあるかも??

ハーフまでは二人とも目標より少し速いくらいのペースで快調な走り! これはもしかして、余裕のサブ4達成もあるかも??

しかし。
30kmあたりから、二人の表情にもだいぶしんどそうな色が出てきました。

30kmあたりから、二人の表情にもだいぶしんどそうな色が出てきました。 30kmあたりから、二人の表情にもだいぶしんどそうな色が出てきました。

前半の貯金があったものの……
ああ、時計は無情にも4時間をカウント。

前半の貯金があったものの…… ああ、時計は無情にも4時間をカウント。

その後すぐに、4時間1分24秒で松浦さんがゴール!
惜しい!!!!(ちなみに松浦さんのウォッチではギリギリ4時間を切っていたそうで…さらに惜しい…)

4時間1分24秒で松浦さんがゴール!

そして約10分後、杉山さんの姿も見えました!

約10分後、杉山さんの姿が見えてきました

4時間12分31秒で、杉山さんもゴール!

4時間12分31秒で、杉山さんもゴール!

惜しくもサブ4達成ならず…!
でも、お二人とも初フル完走おめでとうございます。おつかれさまでした!

お二人とも初フル完走おめでとうございます。 Team ProFits Marathon 2020 記録証 Team ProFits Marathon 2020 記録証

松浦さん :  前半は5分35秒くらいのペースで走れて、貯金ができたので精神的にも余裕があったんですけど…… 後半は本当にきつかった! とくに35km以降が本当にしんどかったですね。

杉山さん :  35kmの壁があんなに高いとは…。30kmを過ぎたあたりで、このくらいのしんどさが最後まで続くのかな、と思っていたんですよ。そのころは、しんどいけれど、淡々と走れればいけるかなという感じだったのに…35kmを越えたらガクッと脚が動かなくなって、痙攣もしてきて。エイドで思い切って立ち止まって水分補給をして、なんとか走りきれました。

松浦さん :  あとは、ちょっと張り切って声を出しすぎちゃったかな…

杉山さん :  でも、松浦さんの声のおかげで僕は元気出ましたよ。

松浦さん :  今回は限られた人数でのレースでしたが、今後また思う存分大会が開催できるようになって、沿道からの応援もたくさんあるなかで走るのも楽しみですね。

杉山さん :  それと、僕の場合は自分でペースを意識しながら走るのが苦手みたいで。今日も、始めは小さな集団についていくことでペースを維持できていたのですが、集団が崩れてから調子がくるってしまったんですよね。だから、大きなレースを走れるようになったら、ペーサーさんにひたすらついていく走り方が合っているのかもしれません!

松浦さん :  今のところはしんどさが大きくて、もう走りたくないと思っている自分がいるけれど… でも、これまでたくさんのランナーの方から話を聞いて、みなさん「しばらくするとまた走りたくなる」と言っていたので。ぜひまたサブ4達成を目指してリベンジしたいと思います!

杉山さん :  絶対リベンジしましょう!

Team ProFits Marathon 2020 完走メダル

松浦さん、杉山さんのリベンジに乞うご期待!

初フルでのサブ4達成は惜しくもなりませんでしたが、お二人とも35kmの壁を身を以て体感し、それぞれの反省点も振り返り、次回に向けた収穫もたくさんあった模様!
リベンジを見据えた前向きなコメントと、晴れやかな表情が印象的でした。きっと、今回の完走経験をステップにして、次はサブ4を達成してくれるはず。

松浦さん、杉山さん、初フル完走とにかくおつかれさまでした! 次回のチャレンジも楽しみにしています!!

Spoleteランニングクラブ 頂プロジェクト

頂プロジェクト ホームページ https://itadaki.run/

プロフィール

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. 特集

    【監督対談 vol.1】市民ランナー必見!タイムを上げるために必要な練習と、アドバイザーの必要性とは?/榎木和貴(創価大学陸上競技部駅伝部監督)×町野走一(頂プロジェクト監督)

    監督対談
  2. 特集

    【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その5 編集長は試練へと立ち向かう

    ランニングでダイエット
  3. 特集

    トレイルランってどうやって始めればいいの? vol.2 『アイテム編』

    トレランことはじめ
  4. 特集

    【独占インタビュー】人との出会いでつながった陸上人生 − マラソン日本代表 中村匠吾選手 −

    中村匠吾選手独占インタビュー
  5. 特集

    洗い方は? 頻度は? 汚れにくくするには? ランニングシューズのお手入れQ&A!

    ランニングシューズのお手入れ