【もも裏ストレッチ】効果的に柔かくするやり方とポイントを解説

トレーニング 筋トレ前のストレッチ

「もも裏ストレッチ」の方法を、スポリートトレーナーのピカるんがご紹介いたします。
トレーニング中にケガをしないために筋トレ前のストレッチは必須です。
「筋トレ前のストレッチ」シリーズと称して、部位ごとにストレッチ方法をご紹介します!

もも裏が柔らかくないと、血行が悪くなったり、骨盤が後ろ引っ張られてしまい、姿勢を崩してしまう原因になってしまいます。

ですが、もも裏を柔らかくすることで、血行が良くなり、疲労物質の排出がスムーズになったり、姿勢が良くなったりします。

もも裏を柔らかくして、健康的な体を手に入れていきましょう。

もも裏ストレッチの効果

  • もも裏が柔らかくなることで、血行が促進され、疲労物質の排出がスムーズに行われ疲労が溜まりにくくなる
  • 骨盤が正しい位置に戻ることで、姿勢改善に繋がる
  • 姿勢が改善されることにより、自然とお腹が引っ込む
  • 柔軟性が高くなることで、血行が良くなり効果的に基礎代謝を上げることができるまた、可動域も広くなり、スムーズに体が動くので、パフォーマンスUPに繋がる

ももの裏ストレッチのやり方・意識するポイントを解説

少し膝を曲げ片足を前に伸ばし、反対の足は後ろに曲げる

つま先は上げ、背筋を伸ばした状態にする。

前足に体重をかけたまま、体を前に倒していく

意識するポイント

  • 目線を上げたまま、胸を張って背中を丸めないように意識する
  • 呼吸を止めず、自然な呼吸を心がける
  • もも裏が伸びていることを感じながら行う
  • 痛みが出ないところで止めて10秒キープする

※反対側の足も同様に行いましょう

まとめ

もも裏のストレッチを行うことで、ケガの予防はもちろんのこと、血流が良くなり疲労物質がスムーズに行われたり、姿勢改善なども役立つと思いますので、ぜひ筋トレ前のストレッチを試してみてください!

プロフィール

  • ピカるん

    スポリートメディア

    スポリート編集部の筋肉担当兼トレーナーです!
    トレーニングが大好きでほぼ毎日トレーニングしてます!
    どこのポジションで負荷が1番乗るかを常に研究中。それが本当に楽しい。

    記事をすべて表示

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. ケア・ラントレ

    ランニングで太ももに筋肉痛を感じたら。筋肉痛の仕組みとそのケアについて学ぼう!

    ランニングと故障
  2. トレーニング

    【ゲーム風エクササイズ】バストアップや腕・お腹を引き締め!筋トレ「プッシュアップ」の正しいやり方をご紹介!

    ゲーム風エクササイズ
  3. グッズ

    ポラール スマートウォッチ「Unite」を使いこなす!ダイエットや身体作りに使える機能満載!トレーナーが教える効果的な使い方【編集部レビュー】

    編集部レビュー
  4. ケア・ラントレ

    ダイエットに効果的なランニング距離・時間と消費カロリー【測定アプリも紹介】

    ランニングでダイエット
  5. トレーニング

    走って痩せるためのランニング!効果的な有酸素運動とは?

    ランニングでダイエット