【ランレシピ! Vol.28】ピーマンとじゃがいもの塩麹きんぴら【関節ケア】

ケア・トレーニング ランレシピ!

おいしくて栄養バランスの良い、ランナーにぴったりな食事レシピをご紹介する「ランレシピ!」。今回は、関節のセルフケアを助けてくれる「ピーマンとじゃがいもの塩麹きんぴら」のレシピをご紹介します!

新しくランニングを始めたり、久しぶりに走ったという人によくみられるのが、関節へのダメージ。
なれない運動や、おやすみ期間中の体重増加などによって、膝や足首などの関節部には大きな負担がかかります。関節組織は血流が少なく代謝速度もゆっくりなため、一度傷めてしまうとなかなか治りにくい部位。
そこで今回は、関節のセルフケアを支えてくれる料理「ピーマンとじゃがいもの塩麹きんぴら」のレシピをお届けします。

関節を成している結合組織のほとんどを占めるコラーゲンは、体内で「タンパク質」と「ビタミンC」を材料につくられます。そのため、日頃から関節をケアするには、タンパク質とビタミンCを補給することが大切。

ピーマン、じゃがいもにはビタミンCが含まれています。通常、ビタミンCは水や熱に弱い栄養素ですが、ピーマンとじゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴が。低脂肪高タンパク質な鶏むね肉と組み合わせて、日ごろの食事から関節ケアを心がけましょう!

材料(2人分)

・鶏むね肉…100g
・塩麹(下味用)…小さじ2
・ピーマン…2個
・じゃがいも…1個
・塩麹…小さじ1
・いりごま(白)…小さじ1
・油…少々
  • 鶏むね肉…100g
  • 塩麹(下味用)…小さじ2
  • ピーマン…2個
  • じゃがいも…1個
  • 塩麹…小さじ1
  • いりごま(白)…小さじ1
  • 油…少々

作り方

1. 鶏むね肉は細切りにし、塩麹で和えて15分ほど置く(塩麹にお肉を漬けることでパサつきにくくなります)。ピーマンとじゃがいもは千切りにする。

1. 鶏むね肉は細切りにし、塩麹で和えて15分ほど置く(塩麹にお肉を漬けることでパサつきにくくなります)。ピーマンとじゃがいもは千切りにする。

2. フライパンに油を熱し、弱火で鶏肉を炒める。

2. フライパンに油を熱し、弱火で鶏肉を炒める。

3. 鶏肉に8割ほど火が通ったら、じゃがいもを加えて炒める。

3. 鶏肉に8割ほど火が通ったら、じゃがいもを加えて炒める。

4. じゃがいもが透き通ってきたらピーマンと追加の塩麹を入れてサッと炒め合わせ、最後にいりごまを加えて完成!

4. じゃがいもが透き通ってきたらピーマンと追加の塩麹を入れてサッと炒め合わせ、最後にいりごまを加えて完成!

塩麹の、やさしくも奥深い味わいがくせになる

ピーマンとじゃがいもの塩麹きんぴら

使った調味料は塩麹だけ! とっても簡単にヘルシーきんぴらができあがりました。
シンプルな味付けながら、ほんのりとやさしい甘みも感じられる塩麹の味わいが、ピーマンとじゃがいも、そして鶏肉の味を引き立てます。あらかじめ塩麹に漬けたことでお肉もしっとりと仕上がり、パサパサ感がないのも◎。シャキシャキ&ホクホク食感のバランスもよく、お箸が進みますよ。

お手軽食材でパパっと作れるので、ぜひお試しください!

レシピ提供

Office LAC-U
http://www.lac-u.com/index.html