【ランレシピ! Vol.26】具だくさん野菜スープ【身体ぽかぽか】

ケア・トレーニング ランレシピ!

おいしくて栄養バランスの良い、ランナーにぴったりな食事レシピをご紹介する「ランレシピ!」。今回は、寒い朝に身体をぽかぽかと温めてくれる「具だくさん野菜スープ」のレシピをご紹介します。お手軽食材で身体のスイッチを入れて、冬を元気に過ごしましょう!

寝ている間には体温が下がり、朝は特に体温が低くなります。

寒い朝は、温かい朝食をとることで体温の上昇を促し、一日の活動のスイッチをスムーズにONすることが大切! 体温が上がると血流がよくなり、免疫細胞の働きも高まります。しっかりと温かい朝食をとることは感染症対策としても重要です。

そこで今回は、身体をぽかぽかと温めてくれる具だくさんスープのレシピをご紹介します!
朝から作るのは大変、という人も、前日の夜や休日に作り置きをすることで準備が楽になります。
調味料のちょい足しで味変もできるので、たっぷり作って寒い季節のおともに活用してくださいね。

材料(2人分)

材料(2人分)
・鶏もも肉…100g
・玉ねぎ…1/2個
・大根…4cm分
・にんじん…4cm分
・キャベツ…1枚分
・にんにく…1片
・水…500ml
・酒…小さじ1
・野菜だし(もしくはチキンコンソメ)…5g
・塩…ひとつまみ
・塩コショウ(下味用)…適量
  • 鶏もも肉…100g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 大根…4cm分
  • にんじん…4cm分
  • キャベツ…1枚分
  • にんにく…1片
  • 水…500ml
  • 酒…小さじ1
  • 野菜だし(もしくはチキンコンソメ)…5g
  • 塩…ひとつまみ
  • 塩コショウ(下味用)…適量

作り方

1. 玉ねぎはくし切り、大根・にんじんは半月切り、キャベツは一口大にちぎる。鶏肉は2cm角に切り、塩コショウで下味をつける。

1. 玉ねぎはくし切り、大根・にんじんは半月切り、キャベツは一口大にちぎる。鶏肉は2cm角に切り、塩コショウで下味をつける。

2. テフロン加工の鍋を熱し、鶏肉の表面に焼き色をつける。

2. テフロン加工の鍋を熱し、鶏肉の表面に焼き色をつける。

3. [2]にキャベツ以外の野菜、丸のままのにんにく、水を入れて中火にかける。

3. [2]にキャベツ以外の野菜、丸のままのにんにく、水を入れて中火にかける。

4. アクが出てきたらとり、酒、野菜だし、塩を加えて弱火で15分ほど煮る。最後にキャベツを加えてひと煮立ちさせたら完成!

4. アクが出てきたらとり、酒、野菜だし、塩を加えて弱火で15分ほど煮る。最後にキャベツを加えてひと煮立ちさせたら完成!

ちょい足し味変レシピ

できあがったスープは、調味料をちょい足しすることでアレンジも楽しめます。作り置きしても飽きずに食べられますね。

  • 和風アレンジ
    1人分に、みそ大さじ1/2、酒粕大さじ1/2を溶かす
  • 洋風アレンジ
    1人分に、ケチャップ大さじ1を加える
  • 中華風
    1人分に、オイスターソース小さじ1を加える

野菜たっぷりスープで身体もぽかぽか

野菜たっぷりスープで身体もぽかぽか

優しい味わいのなかに野菜と鶏肉の旨味をしっかりと感じられる、具だくさんスープのできあがり!

とにかく野菜たっぷりで食べごたえがあります。柔らかく煮込まれた野菜は朝でも食べやすく、朝からしっかり食べるのが苦手な人にもおすすめです。食べると体がぽかぽかと温まり、1日を元気にすごせるはずですよ。ちなみに、タンパク質は消化の過程で熱を生むため、野菜と鶏肉を合わせることでさらに効率よく体温上昇を促せるのだとか。

簡単に作り置きできる具だくさんスープでしっかりと身体を目覚めさせて、寒い季節を元気に過ごしてくださいね。

レシピ提供

Office LAC-U
http://www.lac-u.com/index.html

プロフィール

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. ケア・トレーニング

    有酸素運動と無酸素運動の境界線?「AT値」を知って楽に速く走ろう

    ランニング測定と分析
  2. ケア・トレーニング

    【へルニア克服までの道のりSTEP3】体幹を整える第一歩は、正しい呼吸法。

    ヘルニア克服までの道のり
  3. ケア・トレーニング

    体幹と股関節を鍛えるランナーズドリル Part5「バードドッグ」

    体幹と股関節を鍛えるランナーズドリル
  4. ケア・トレーニング

    【スポリート栄養お悩み相談室】ランニング時のスタミナ切れ防止&疲労回復には「糖質」 ー グリコーゲンローディングレシピも

    スポリート栄養お悩み相談室
  5. ケア・トレーニング

    ランニングフォームのプロに教わる!疲れにくく、効率のいい走り方とは

    ランニングフォームの改善