【ランレシピ! vol.15】味噌タンドリーチキン【筋力強化】

ケア・トレーニング ランレシピ!

おいしくて栄養バランスの良い、ランナーにぴったりな食事レシピをご紹介する「ランレシピ!」。今回は、筋肉づくりを助けてくれる「味噌タンドリーチキン」のレシピをご紹介します。楽しく健康的にランニングを続けるには、バランスのとれた食生活がとっても大切です!

雨が降ったり、じめじめ暑かったり…。なんとなく走りに出かけるのが億劫になりがちな今の季節。この機会を利用して、フォームの要となる体幹の補強トレーニングをしてみてはいかがでしょう?
そして補強トレーニングを行ったときは、筋肉づくりの材料となる「たんぱく質」の補給も合わせて行いたいものです。鶏むね肉は低脂肪高たんぱく質で、ぴったりの食材! そこで今回は、鶏むね肉を使った「味噌タンドリーチキン」のレシピをご紹介します。お肉を漬けて焼くだけなのでとっても簡単です!

材料(1〜2人分)

  • 鶏むね肉… 200g
  • 塩・こしょう… 少々

☆漬けダレ

  • プレーンヨーグルト… 大さじ2
  • 味噌… 大さじ1
  • はちみつ… 大さじ1/2
  • にんにく(すりおろし)… 小さじ1/2
  • しょうが(すりおろし)… 小さじ1/2
  • カレー粉… 小さじ1

付け合せ野菜

  • トマトやレタス、サラダ菜など… お好みで

作り方

1. 鶏肉の厚い部分は開いて薄くし、フォークで刺して塩・こしょうをすり込む。

2. ビニル袋に☆の漬けダレを入れてよく混ぜ、鶏肉を漬け込む。(1時間〜1晩程度)

◎ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きによってお肉が柔らかくなり、パサつきやすい鶏むね肉がジューシーに!

3. フライパンを熱し、袋から取り出した肉を皮目から焼く。焼き色がついたらひっくり返してフタをし、弱火で中まで火を通す。

◎鶏むね肉は身が厚く火が通りにくいので弱火でじっくりと焼くのがポイント!

焼き上がったら食べやすいサイズにカットし、野菜を添えたら完成!

トレーニングと合わせたたんぱく質補給を!

漬けて焼くだけ! 超簡単3ステップで完成した味噌タンドリーチキン。ヨーグルトのおかげでお肉もジューシで食べやすいですよ。味噌でしっかりと味が付きながらもヨーグルトやはちみつのおかげで塩辛すぎず、カレー粉のスパイシーな香りがくせになります。

トレーニングのあとは、ぜひ鶏むね肉でたんぱく質摂取をして良質な筋肉をつけてください!

レシピ提供

Office LAC-U
http://www.lac-u.com/index.html

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. ケア・トレーニング

    有酸素運動と無酸素運動の境界線?「AT値」を知って楽に速く走ろう

    ランニング測定と分析
  2. ケア・トレーニング

    【へルニア克服までの道のりSTEP3】体幹を整える第一歩は、正しい呼吸法。

    ヘルニア克服までの道のり
  3. ケア・トレーニング

    体幹と股関節を鍛えるランナーズドリル Part5「バードドッグ」

    体幹と股関節を鍛えるランナーズドリル
  4. ケア・トレーニング

    【スポリート栄養お悩み相談室】ランニング時のスタミナ切れ防止&疲労回復には「糖質」 ー グリコーゲンローディングレシピも

    スポリート栄養お悩み相談室
  5. ケア・トレーニング

    ランニングフォームのプロに教わる!疲れにくく、効率のいい走り方とは

    ランニングフォームの改善