【テクノロジー図鑑vol.36】COROS編─キプチョゲ選手も愛用のGPSが日本上陸。スポーツテックブランド『COROS(カロス)』とは

グッズ テクノロジー図鑑

長年愛され続ける有名プロダクトから、あっと驚く新製品まで─ランニングにまつわる気になるテクノロジーを紐解く、スポリートのテクノロジー図鑑。第36回目のテーマは、世界中で人気を集め2020年に日本上陸したスポーツテックブランド『COROS(カロス)』です!

スポリート読者のみなさんは、COROSというブランドを知っていますか?
COROSのスポーツウォッチは優れた機能性と抜群の軽さなどから、海外ではブランド誕生以来じわじわとファンを集め、あのキプチョゲ選手が愛用していることでも話題になりました。

そして2020年には、ついにCOROSが日本に上陸!
クラウドファンディングを足がかりに、スポーツウォッチの最新機種『PACE2』の販売がスタートし、さっそく日本のギア好きランナーたちから高い評価を集めています。

今回は、そんな注目のブランド『COROS』についての話題をお届け。COROSの中国オフィスにオンライン取材を実施し、日本向けのマーケティングを担当されている高(コウ)さん、にお話を伺いました!左に座っている男性は、同じく日本マーケティングを担当している范(ハン)さんです。

高さん(写真右)はご自身もランニングや水泳を楽しんでいて、COROSのランニングウォッチ『PACE2』の軽さがお気に入りなのだとか。睡眠時にも時計をつけたままにしているそうです。

キプチョゲ選手も愛用。世界最軽量のスポーツウォッチ

──まずは、スポーツテクノロジー企業としてCOROSが誕生した経緯を教えてください。

COROSはアメリカのバージニア州発のブランドで、ロッククライミングなどのアウトドアスポーツを愛するハードウェアエンジニアによって2014年に設立されました。 創業者たちは、トップアスリートではない“スポーツ愛好家”たちも、自分で考えながら運動能力を向上させられるようになれば、またそれをサポートしてくれるギアがあればと思いブランドを立ち上げたそうです。

──これまでにCOROSではどんな製品を生み出してきたのでしょうか?

ルート記録機能や骨伝導スピーカーなどを搭載したサイクリング用ヘルメット、POD(ウォッチと連動し、より詳しく運動中のデータを計測できる製品)、そしてGPSウォッチを開発してきました。どの製品にも共通しているのは、スポーツ科学とインテリジェントテクノロジーを組み合わせることで、アウトドアスポーツ愛好家向けの信頼性の高いスマートウェアラブルデバイスを作成し、より効率的な体力トレーニングプランを提供したいという考えです。

──COROSのGPSウォッチの強みを教えて下さい。

まず、COROSのGPSウォッチの強みは、業界をリードする長いバッテリ稼働時間や、独自のGPSアンテナ最適化技術によって高精度、高速受信の位置測定が可能なこと。抜群の軽さも好評いただいているポイントです。革新的なデジタルダイヤルにより、新しいハードウェア操作を体感していただくことができる点も特徴といえます。

──いま挙げていただいたような強みを確立するまでに、どんな進化の過程があったのでしょうか?

COROSは、2018年にランニングとトライアスロン愛好家のためのGPSスポーツウォッチ『PACE』を発売しました。同年、トレイルランニングやハイキングなどのアウトドアスポーツ愛好家に向けて、『APEX』シリーズを発売しました。この2つの製品の成功をもとにユーザーのニーズと製品の革新を組み合わせ、2019年5月にフラッグシップ機『VERTIX』を発売。優れたバッテリー寿命、データ精度、革新的な高原適応性機能により、多くのアウトドアスポーツ愛好家の好評を獲得しました。その後もアウトドアスポーツ向けの『APEX Pro』を発売し、バッテリー寿命やデータ精度、製品のサイズと重さなど、完璧なバランスを実現することができました。

2020年8月には、PACEの新モデル『PACE 2』を発売しました。性能とバッテリ寿命を考慮して、重量を大幅に削減しました。さらに新しいナイロンバンドを採用することで、重量はわずか29gとなり、世界で最軽量のスポーツウォッチ製品となりました。

最新モデル『PACE2』の主な特徴

1. 最大の特徴は驚くほどの軽さ。100円玉6枚相当の超軽量で、ランナーに快適な装着感を提供。

2. 通常使用なら約20日間の連続稼働が可能。毎日のトレーニングだけでなく、マラソンやウルトラマラソンなどの重要な試合でも安心して使用できます。

3. GPSGLONASSQZSS3大衛星システムを使用し、広範囲かつ高精度の位置情報を提供。また、独自のGPSアンテナ最適化技術により、初代PACEより約30%速いデータ受信を実現。

4. COROSが開発したトラックランモードが内蔵。GPSにストップウォッチと同じレベルの正確さを誇る高精度アルゴリズムを組み合わせることで、トラックを走るランナーの位置を自動的に補正し、ラップタイムや走った距離の誤差を最小限に抑えることが可能。

5. COROS独自の回転式デジタルダイヤルを採用し、指1本でスピーディーに操作が可能。冬の屋外などで手袋を着用していても、簡単に各種データを確認することができます。

──ブランドの歴史の中で、ターニングポイントになったできごとがあれば教えてください。

キプチョゲ選手とのコラボレーションだと思います。実際にCOROSのウォッチを使用いただいて、軽さやGPSの正確さ、稼働時間の長さなど高い評価をもらっています。彼は朝、太陽が昇る前にランニングをするのが日課で、『PACE2』にあるナイトモード(バッテリー消費を最小限に、暗闇でも見やすい明るさになる設定)も非常に便利に感じてくれているようです。世界トップの実力を誇るマラソンランナーに認められたことは、COROS製品の実力を世界に証明するきっかけにもなったと感じています。

また、彼が所属する『NN Running Team』からもCOROSの製品について継続的にフィードバックをもらっていて、優秀な選手たちからのフィードバックを製品のデータ処理技術にも反映しています。これにより、プロの指導を受けられない愛好家たちにも、優れたトレーニングサイエンスを提供できるようになっています。

日本進出にそなえて新機能を搭載!

──COROSの製品が世界で広くファンを獲得できている理由は何だと思いますか? 優れた機能やキプチョゲ選手とのコラボレーションなど様々な要因はあるかと思いますが、ブランドとしてのポリシーなどに関係することがあればぜひ教えてください。

私たちが大切にしているのは、ユーザーエクスペリエンスの追求です。我々はユーザーの声をすごく重視していて、ユーザーからのフィードバックをもとに、アップグレード、商品開発を行なっています。アップグレードするたびにユーザーから「これは私が提案した機能だ!」といった声が挙がるほどです。そのあたりが、心をつかむことができている要因でもあると考えています。

たとえば日本進出が決まったときも、まずは日本のロードランナーたちにコンタクトをとりました。そのランナーたちから、「1/100秒単位の表示がほしい」といった要望をもらったのです。そこで、次のアップグレードではそれを実現しました。1/100秒単位の正確さがほしいという要望は世界中でも始めてで、長距離走でもそれほど正確なデータを求めるのは、練習に真面目に取り組む日本のランナーらしいとも感じました。

──日本に進出されることになった経緯や背景はどんなものだったのでしょうか?

日本はアウトドアスポーツ分野、特にマラソンなどの中長距離走のスポーツにおいて、アジア、さらには世界で極めて重要な役割を果たしてきたこともあり、日本にはアウトドアスポーツの愛好家が多くいます。そこで、日本のアスリートやアウトドアスポーツ愛好家にも、COROSの技術によって新しいアウトドアスポーツ体験を提供できたらと考えました。スポーツの楽しさをより感じながら、運動能力の向上に役立ててほしいと思っています。

──日本で『PACE2』の販売が始まって、手応えはいかがですか?

やはり、まずは軽さに驚いてくださる人が多いと感じています。あとは電池の持ちやGPS精度の高さ、通信速度の速さにも好評をいただいています。トラックランモードの正確さも、褒めていただくことが多いです。

──今後、日本でどのように商品を展開したいとお考えですか?

より多くの日本ユーザーのみなさんにCOROSのブランドと製品をもっと知ってもらえるように、価値を伝えていければと思います。また、より多くの日本のランナーやトップアスリートから専門的な意見をもらい、アップグレードに役立てていきたいとも考えています。今後コロナが落ち着いたら、より多く日本のレースにも参加し、日本の一般ユーザーに我々の商品を試してもらえるような場も作っていきたいです。

それから、今後のソフトウェア・アップグレードでは(20216月を予定)、新モードも搭載される予定です。現在日本で販売しているすべての機種(APEX Pro・VERTIX・PACE 2)が対象になります。
※ウォッチ本体のシステムと、アプリの両方をアップグレードする必要があります。

使用者の心拍数やペースをもとに練習の結果を分析し、おすすめの練習法をアドバイスしてくれる機能です。これまで一般ランナーが専門的な指導をうけることはなかなか難しかったと思いますが、COROSの技術によって、もっと自分にふさわしい練習プランを組み、フォームの向上などにも役立てられるような機能を今後も提供できればと思います。ぜひ楽しみにしていてください。

COROS WEBページ

https://jp.coros.com/

プロフィール

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. グッズ

    【テクノロジー図鑑vol.20】GARMIN(ガーミン)『ForeAthlete』編─GPS技術を軸とした応用力と集約力が込められたウォッチで「ランニングをもっと面白く」

    テクノロジー図鑑
  2. グッズ

    【テクノロジー図鑑vol.35】BMZ編 ─ 重要なのは立方骨と足の指!? インソールで足から健康をつくる「キュボイドバランス理論」

    テクノロジー図鑑
  3. グッズ

    プロに聞く!ランニング用サングラスの上手な選び方

    ランニングアイテムの選び方
  4. グッズ

    【テクノロジー図鑑vol.24】『コラントッテ(Colantotte)』編 磁気の力が“点”ではなく“面”で作用 広範囲に働きかけ、効果を得られる健康ギア

    テクノロジー図鑑
  5. グッズ

    メガネ愛用者でもサングラスで走りたい!度付きランニング用サングラスオーダー体験

    グッズ