【フルマラソン挑戦】レース本番前のビルドアップ走!



スポリートマラソンアンバサダーのayameです。初めてのフルマラソン・湘南国際マラソンまであと1か月となりました。レース1か月前の練習として、走力アップが期待できるビルドアップ走を行いました。多摩川の河川敷を10 km 走り、続く3 kmはビルドアップ走にチャレンジします。

本番のレースを意識したスピードで走る

本番のスピードを意識して走りました。前半の10kmは、フルマラソン42.195kmを無理なく最後まで走れる速さ(私の場合は、1kmを8分)で走る練習です。
ウエストポーチの中には、本番を想定した本数のエナジージェル6本を入れたので、ずっしりと重さを感じます。人や自転車の通行がないことを確認し、コンパクトに準備体操を行います。本番レースで整列した後は、自分のスペースも狭くなるので、ちょうどいい練習になりました。

さぁ、スタートです!今回も並走してくださるのは、『八王子スポーツ整形外科』アスレティックトレーナー稲川祥史さんです。本番レースでは雰囲気にのまれてオーバーペースにならないように、必ずランウォッチでスピードを確認するようにアドバイスを頂きました。

本番では当然ですが一人で走ります。そのため、今日は私が先頭になり、自分でペースを決めて走りました。

前半は好調なのですが、やはり後半は疲れてきて時計を見ていないと1km8分30秒になっていたりします。
また大会本番では周りのランナーに影響をされてしまい、スピードを上げてしまう可能性も十分に考えられます。

それぞれの場所の通行ルールに気をつける

“自転車は中央左側を、歩行者などは右端を通行しましょう”
これは、今回走った「府中多摩川かぜのみち」の通行ルールです。
河川敷はロードバイクの通行も多いので、接触事故などのないよう、ルールを守って走りたいですね。

1時間走ったところで エナジージェルを飲みます。今回は立ち止まって飲みましたが、大会本番では走りながら飲めるように、ジェルを4~5本分入れられるフラスクを使うことにしました。そしてまた、また走り出します。

この時点での、ランウォッチの計測記録を見てください!とても暑い日だったのですが、なんとか1km 8分ペースを維持することができました。

10kmを過ぎ、ここからはだんだんスピードを上げていくビルドアップ走です!
10km を走ってもまだスピードを上げる体力が残っていたこと、そしてスピードアップも、理想的なグラフを描くことができたことにホッとしました。

この日は本番まであと3週間という日。本番まで、体調も気持ちも上げていきたいと思います。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【フルマラソン挑戦】レース本番前のビルドアップ走!
Spoleteマラソンアンバサダー
ayame  [記事一覧]

3歳の息子を子育て中の40代兼業主婦。中学高校は帰宅部、短大時代はヨット部幽霊部員。スポーツ観戦が大好きな運動音痴。人生の折り返しに無謀なことにチャレンジしたいと思い、フルマラソン完走を目標にする。
ayame

あわせて読みたい




ページトップへ