洗い方は? 頻度は? 汚れにくくするには? ランニングシューズのお手入れQ&A!

特集 ランニングシューズのお手入れ

ランナーのみなさん、ランニングシューズはどれくらいの頻度で、どんなふうに洗っていますか? 中には洗ったことがなかったり、洗い方がよくわからなくて後回しにしてしまっていた…という人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、シューズのお手入れの基本についてお届けします!

今回は、スニーカーケアに特化したプロダクトを展開するMARQUEE PLAYER(マーキープレイヤー)の小林さんに、ランニングシューズのお手入れに関する素朴な疑問をぶつけさせてもらいました。
小林さん、よろしくお願いします!

ランニングシューズケア 素朴な疑問Q&A

──ランニングシューズはどれくらいの頻度で洗うのがいいのでしょうか?

使ったあとは、毎回できるだけすぐに洗うのが理想です。靴の汚れといえば泥の付着などをイメージされるかもしれませんが、ランニングシューズの場合は「汗」が主な汚れです。走って汗をかいたら、ウェアはかならず洗濯しますよね。それと同じように、ランニングシューズも使ったらきちんと洗うことをおすすめします!

──ランニングシューズをケアするときに気をつけるべきポイントはありますか?

先ほどもお伝えしたように、ランニングシューズの主な汚れは「汗」です。外側をこするだけではなく、シューズの内側や繊維の内部までしっかりと汚れを取るように意識していただけたらと思います。

── 頻繁にお手入れしたほうがいいとはわかっていても、毎回洗うのが大変…という場合に、手軽にケアできる方法があれば教えてください…!

まず、汚れにくくするのにおすすめなのが撥水スプレーです。シューズを買った時や洗って乾かしたあとにスプレーしておくと、雨水や汚れからシューズを守ってくれます。それから、走ったあとは除菌消臭スプレーをするのもおすすめです。ニオイや雑菌の繁殖を抑えてくれます。

ランニングシューズ 基本の洗い方

ここからはランニングシューズの洗い方をご紹介します。長く清潔に使うためにも、シューズケアを習慣にしてみてくださいね。

準備するもの

  • 靴用ブラシ
  • たらい(シューズが入るサイズのもの)
  • 洗剤(衣類用のもの)

洗い方

1. ブラッシングする

1. ブラッシングする まずは乾いたシューズをブラッシングして、表面についたホコリや砂を落とす。

2. 洗剤液で洗う

2. 洗剤液で洗う たらいに40℃弱のぬるま湯を張って洗剤を適量溶かし、シューズ(紐ははずしておく)を洗剤液につけながらブラシでこする。はずした紐は、別の容器で洗剤液につけておく。 ☆シューズの内側や、インソールもしっかりと洗いましょう。

3. すすぐ

3. すすぐ 泡やぬめりがなくなるまできれいな水でよくすすぐ。紐は洗剤液の中でもみ洗いしたあと、シューズと同じようにきれいな水でよくすすぐ。 ☆すすぎ残しがあると黄ばみなどの原因になることがあるので、何回か水を入れ替えてしっかりと洗剤を落としましょう。

4. 余分な水気を拭き取る

4. 余分な水気を拭き取る 乾いたタオルでシューズシューズを包み込むようにしながら、余分な水気をとる。 ☆しっかりと拭くことで、乾かす時間の節約にもなります。

5. 陰干しする

5. 陰干しする 風通しの良い日陰にシューズと紐を干す。(熱や紫外線によるトラブルを防止するためにも、日陰に干すのをおすすめしています) ☆かかとにストラップがあるシューズは、一緒に洗った紐をストラップに通して軽く結び、フックや物干し竿にぶら下げて干すと型崩れを防げます。

シューズ洗い完了

右が洗っていない方、左が洗った方。ひと目見てわかるほどきれいになりました!

もっときれいに! シューズケア専用グッズを使ったお手入れ

おうちにある衣類用洗剤でも洗うことができるランニングシューズですが、シューズケアに特化した洗剤や道具を使えば、より効果的にお手入れできます!
今回は、マーキープレイヤーのシューズケアグッズの中から、ランニングシューズのお手入れにぴったりなものをいくつかご紹介します。

汚れ落としに

汚れ落としにシューズ洗浄剤
  • SNEAKER CLEANER『No.11 for KNIT』(写真左)
    ニット系合成繊維用シューズ洗浄剤。ランニングシューズのアッパーに多く採用されている合成ニット繊維用に開発されたクリーナーです。繊維に染み込んだ汗にも洗浄成分が届き、少ないブラッシングで汚れを落とせるようになっています。洗浄後に素早く泡を洗い流せるように、あえて泡立ちが抑えられているのも工夫されているポイントです。

  • SNEAKER CLEANING BRUSH『No.05』(写真中央)
    シューズ洗浄用ブラシ。最大の特徴は、ブラシ毛の表面が「ゴムラテックス」でコーティングされていること。ゴムがクッションの役割を果たしてくれるおかげで傷が付きにくい&汚れの吸着力もアップ!

  • RUBBER+SOLE ERASER『No.03』(写真右)
    ソールの汚れを落とすことができる、消しゴムタイプのクリーナー。洗ってもなかなか落ちないソールの黒ずみ部分に擦ることで、汚れがぐんと目立たなくなります! 植物性油脂素材で傷がつきにくく、水不要&持ち運びしやすいのもうれしいポイント。

普段のケアに

普段のケアに撥水スプレー
  • SNEAKER WATER REPELLENT『No.01』(写真左)
    シューズ用撥水スプレー。細かい粒子を繊維に付着させ、通気性機能を損なわずにコーティングしてくれます。

  • SNEAKER REVIVER『No.06』(写真中央)
    シューズ用除菌消臭剤配合スプレー。医療分野でも使用されている除菌剤成分とユーカリエキス配合で、除菌消臭に加えて清涼感ある爽やかな香りを演出します。日常のシューズケアに最適。

  • WIPE AWAYS『No.08』(写真右)
    ウエットタイプの拭き取り洗浄シート。シューズへのダメージを避けるために、医療施設やホテルなどでも使用されている特殊な電解水を使用。シューズをすぐに洗うのが難しい時は、ランニング後にサッと拭いておくと安心です。

ウェアと同じように、シューズも日常的なお手入れを

面倒に感じてしまったり、そもそも頻繁に洗っていいものかわからなかったりで、シューズのケアを後回しにしてしまっていた人も少なくないはず。
でも、小林さんのお話を聞くと「走ったあとウェアは毎回洗うのに、いちばん汗で蒸れているともいえるシューズを洗わないのはたしかにおかしなことだなぁ…」と、気付かされます。

普段から汚れがつきにくいようにちょっとしたケア(撥水スプレーや除菌消臭スプレー)をしたり、シューズ洗浄に特化した便利なアイテムを活用すれば、普段のお手入れも思ったより楽ちんに済ませることができます。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、ランニングシューズケアをもっと日常的なものにして、お気に入りのシューズをきれいに使ってくだいね!

シューズも日常的なお手入れを

プロフィール

スポリート限定『Shop全アイテム』10%OFF

この記事を読まれた方だけにスポリート限定『Shop全アイテム』10%OFFクーポンを進呈いたします。商品をカートに入れた後、下記のクーポンコードを入力頂きますと表示価格よりさらに10%お値引きいたします。

スポリート限定『Shop全アイテム』10%OFF

クーポンコード

233239

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. 特集

    【監督対談 vol.1】市民ランナー必見!タイムを上げるために必要な練習と、アドバイザーの必要性とは?/榎木和貴(創価大学陸上競技部駅伝部監督)×町野走一(頂プロジェクト監督)

    監督対談
  2. 特集

    【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その5 編集長は試練へと立ち向かう

    ランニングでダイエット
  3. 特集

    トレイルランってどうやって始めればいいの? vol.2 『アイテム編』

    トレランことはじめ
  4. 特集

    【独占インタビュー】人との出会いでつながった陸上人生 − マラソン日本代表 中村匠吾選手 −

    中村匠吾選手独占インタビュー
  5. 特集

    洗い方は? 頻度は? 汚れにくくするには? ランニングシューズのお手入れQ&A!

    ランニングシューズのお手入れ