BCAAとランニングについて、知っておきたいこと

ランナーの身体をサポートしてくれる、BCAAというサプリメント。BCAAとは、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸のこと。なぜランナーたちはBCAAを飲むのでしょうか。今回は、BCAAとランニングの関係についてお伝えします。

マラソンやランニングなどの持久系の運動には、BCAAをエネルギー源にしています。BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンという、体内では作ることのできない3つの必須アミノ酸のこと。体内で作れないのに必要不可欠なエネルギー源となれば、食事やサプリメントで補うしかありません。今回は、BCAAと筋肉、BCAAの知られざる秘密のお話です。

BCAAってどんな効果がある?

必須アミノ酸9種類の中でもBCAAは、筋肉の主成分。ヘトヘトに疲れたランナーの体内では、糖質、脂肪と共に、血中のBCAAがエネルギー源に。血中のBCAAが不足すると、今度は筋肉内のBCAAを使おうと筋肉を壊します。筋肉分解をさせないために、BCAAサプリが大活躍するという仕組みです。

BCAAは持久系スポーツの救世主

BCAAサプリにランナーたちが着目する理由のひとつ「超回復」。壊れた筋線維の修復を早めてくれるといわれています。筋肉分解の抑制と、筋肉合成の促進という両方の効果。持久系スポーツのように、じっくりと筋肉を酷使する場合、筋肉を破壊しないように血液中のBCAAを不足させないことが大切です。

BCAAの隠れた能力、集中力!

集中力には、血中のBCAA濃度と密接な関係が。運動中、血中のBCAAが使われて濃度が低下すると、トリプトファンというアミノ酸濃度が上昇します。トリプトファンは、脳内でリラックス物質へと変換されますから、この時、集中力が欠けた状態に陥ります。血中のBCAA濃度を維持できれば、集中力が途切れることはなくなるのです。

BCAAの効果をめいっぱい引き出そう

BCAAを最も効果的に摂取するには、どのようにしたらよいのでしょう。サプリメントの摂取量は、体重、骨格筋量、運動強度、運動時間によって、個人差があるのが実情。サンプルとなる、ランニングに適した摂取方法の例を挙げてみましょう。

どんなタイミングでどのくらい飲めばいいの?

BCAAは、摂取後30分で血中濃度のピークを迎えます。そのため、2~4gを運動開始30分前に摂取するのが効果的です。トライアスロンなど長時間競技であれば、2時間程度の間に同量を3~4回摂ることがお勧めです。またランニング後の摂取も、疲労回復の効果が期待できます。

過剰摂取や副作用の心配はない?

サプリメントは、過剰摂取した分を肝臓で解毒して、腎臓で濾過します。しかし、BCAAは、通常のサプリメントとは違い、肝臓をほとんど素通りして、大半が筋肉で代謝される特徴を持っています。摂りすぎてしまっても、内臓に負担を掛けるなどの副作用はあまりないと言えますが、適量を摂取して最大限の効果を楽しみましょう。

スポリート公式ブログ
全国ジョギングマップ
ランニングシューズカタログ

YouTubeチャンネル

公式Facebook

公式twitter

人気の記事

  1. Apple Watchのランニングウォッチとしての性能をサブ3.5のランナーが検証してみた
  2. ほんわか夫婦がサポートする、ランニング専門のトレーニング&治療院TREAT
  3. マラソンのルールと失格になる場合
  4. アンバサダーリポート「天狗のこみちマラソン」編
  5. 井上真悟選手主催「コアランニングスクール」編
  6. トレーニング用とレース用のランニングシューズの違い
  7. メガネをかけてジョギングする人におすすめのアイテム
  8. マラソンとタバコの影響
  9. 絶対にほどけない靴紐の結び方
  10. カツオ・ペプチドで30kmの壁を打ち破れ。アンバサダー体験リポート「カツサプ編」

ランニングシューズの注目ワード

ウォーキング レディース 初心者 エントリー ビギナー トレーニング マラソン 完走 サブ5 サブ4 サブ3 駅伝 ロード トレイル ウルトラマラソン トライアスロン 日本人ランナー 雨天 防水 撥水 最強 軽量 通気性 耐久性 高反発 グリップ 素足 スリム ワイド 幅広 クッション スニーカー スタイリッシュ ファッション デザイン 普段使い ベルクロ スリッポン プロネーション 青山学院大学 アディゼロ ギャラクシー ゴアテックス


記事の注目ワード

初めて モチベーション 目的 目標 効果 距離 記録 継続 結果 コース 続ける おすすめ おしゃれ お風呂 コツ サプリ スピード スタイル 洗濯 通勤 つまらない テンポ 途中で歩いて 変化 方法 毎日 見られたくない 痩せる 休み ゆっくり 有酸素 リズム 挫折 時間 健康 ランニング ジョギング ストレッチ クールダウン ダイエット カロリー アイテム イヤホン アームバンド 腕時計 ウェア カバン サングラス サンバイザー シューズ スマホ ジャージ ドリンク バックパック 帽子 携帯 ペットボトル アプリ 音楽 手袋 服装 ヘッドライト メガネ 用品 リュック リフレクター グッズ ポーチ パンツ 筋肉 心拍数 血圧 血行 血糖値 体重 体力 脂肪 燃焼 体脂肪 体型 血流 日焼け 貧血 呼吸 疲労回復 いつ 食後 夜中 寝る前 寝起き 夕食 空腹


ページトップへ