#モルテンでカーボローディングキャンペーン



2018年9月、ベルリンで2:01:39というフルマラソンの世界記録を樹立したエリウド・キプチョゲ選手をはじめ、最近の世界5大主要マラソン大会で優勝した選手達が皆エイドステーションで飲んでいたことで注目を浴びているモルテン(MAURTEN)。気になっているけどまだ飲んだ事がないという方は是非このチャンスにSNSに投稿して無料サンプルをお試し下さい!

※キャンペーンの応募受付は2018年12月31日をもって終了致しました。沢山のご応募有難う御座いました。

キャンペーン概要

持久系スポーツの試合・大会・練習等でモルテンを使ってみたい方、先着250名様ご好評につき先着500名様に拡大しました。※1にモルテン無料サンプル(MAURTEN DRINK MIX 160 × 4袋)をお送り致します。
※1 : 当キャンペーンの応募資格を満たす方に限ります。

#次もモルテン

2018年12月31日までに、使用した「結果・感想」にハッシュタグ「#次もモルテン」をつけて応募時と同じSNSアカウントに投稿された方の中から合計で11名様に素敵な賞品をプレゼントします。

モルテンジャパン賞1名様

スポリート賞5名様

上記にもれた方から抽選で5名様

応募締切

モルテン無料サンプルの応募締切日:2018年12月31日
※応募が規定数に達した場合、応募締切前に受付を終了する事があります。

「#次もモルテン」と投稿して賞品の当選対象となる締切日:2018年12月31日

モルテン(MAURTEN)って何?

モルテン(MAURTEN)はスポーツ用具を製造販売している会社ではありません。
持久系スポーツにおいて重要な、水分と高濃度の炭水化物を同時に補給可能にしたスェーデン生まれの革命的なスポーツドリンクです。

2018年9月、ベルリンで2:01:39というフルマラソンの世界記録を樹立したエリウド・キプチョゲ選手をはじめ、最近の世界5大主要マラソン大会で優勝した選手達が皆エイドステーションで飲んでいたことでも注目を浴びています。

カーボローディングとは?

カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節および栄養摂取法である。グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。

カーボ・ローディングは、持久力を必要とするスポーツなどの場面で用いられるほか、結腸の手術を行う患者への体調管理にも利用される。
人間が体に蓄えられるエネルギーの代表として脂肪があるが、脂肪はたくさんの貯蔵が出来る利点がある反面、即効的な利用に乏しく、多くのスポーツではエネルギー源として期待しにくい。それに対し、グリコーゲンはエネルギーとしての分解が容易で即効性があり、スポーツにおいて大変有効なエネルギーであるが、貯蔵できるのは主に肝臓と骨格筋などに僅かである。
カーボ・ローディングはグリコーゲンを最大限、体に貯蔵して高い運動能力を得る事を目的に行われる。

(出展 : Wikipedia)

モルテンでカーボローディングするメリット

モルテンドリンクは胃液のpHで即座にハイドロゲルに変換され、炭水化物をカプセル化します。
ハイドロゲル化されたモルテンドリンクは、胃で消化されずに腸に届きます。
そのため一般的なうどんやお餅、ご飯などによるカーボローディングとは異なり胃にかかる負担が少なく、消化に費やすエネルギーも抑えられるため、炭水化物を摂りすぎるとお腹の調子が気になるという方や体重増加が心配な方にもおすすめです。

※MAURTEN DRINK MIX 160は必ず500mlの水に溶かしてお飲み下さい。
配合が異なるとハイドロゲル化が行われず本来の効果を発揮出来ない恐れがございます。

MAURTEN DRINK MIX 160 4袋を使用したカーボローディングの例

  1. 練習時に1袋(500ml)飲んで、体に不調が生じないかを試す。
  2. 大会前日、朝から晩までの間に2袋(1,000ml:炭水化物量約80g)を飲む。
  3. 大会当日の朝、朝食と共に1袋の半分(250ml)を飲み、残りの半分(250ml)をレース30分前までに飲む。

※練習でMAURTEN DRINK MIXをお試し頂いた結果、お腹がゆるくなるなど体に不調を感じた場合は本番でのご使用をお控え下さい。

炭水化物量の目安

お客様の声

  • 他のジェルより水分も採れて汗をかく量が少なく感じました。
  • 飲んだ感じは薄めた葛湯(くずゆ)のようで抵抗なくのめました。180分LSDでの使用でしたが、2時間までは全く空腹感も感じず走れました。
  • 喉の渇きは感じたが、お腹のチャポチャポした感じ、消化されていない感じはなかった。
  • 普段、30分毎にジェルの補給をするのですがそれをしなくても2時間までは暑さによる頭痛や意識の低下も起こらず走れました。2時間後はやはり不安でジェルを補給しましたが最後まで体も楽でした。暑かったせいなのか、トイレも特に行きたくありませんでした。
  • 10キロ走りましたが、普段、暑いとボーッとすることが多いのですが、本日は頭もはっきりしていてよかったです。味も葛味(くずゆ)のようでよかったです。
  • 現実的にはレース中に使うのは難しいので、カーボローディングとして使うのは負担も少なく良いと思いました。
  • 腹持ちがよい。このぐらい甘い方がレースにはよい。
  • 飲んでも口の中が、さっぱりしてて嫌な感じはしなくていい。飲むカーボローディングだと食べなくていいから楽でいい。何度か試してみたいです。
  • スポーツドリンクよりも胃のもたれ、ランニング中に時々起こる腹痛はなかったです。
  • マラソン前のカーボローディングで、炭水化物を多めに摂取する事がいつも大変と感じています。これなら手軽にカーボローディング出来るのではないかと思います。

※スポリート提携のイベントにて、MAURTENを使ったカーボローディングを体験して頂いた方々の個人的な感想です。

Spoleteアンバサダーリポート

注意事項

  • 当キャンペーンは大会や試合の結果を保証するものでは御座いません。
  • モルテン(MAURTEN)を使用したことによって生じたあらゆる不利益または損害に対して、株式会社トータルヘルスコンサルティングおよび株式会社ムラウチドットコム は、一切責任を負いません。
  • ご応募はおひとりさま1回までとさせて頂きます。
  • サンプルおよび賞品の転売は固くお断りさせて頂きます。
  • キャンペーンは予告なく終了することがります。
  • 当社にて応募資格を満たしていないと判断した場合、モルテン無料サンプルの送付をお断りさせて頂く事があります。
  • モルテン無料サンプルは日本郵便のゆうパケットにて発送し、発送先は日本国内のみとさせて頂きます。
  • キャンペーンにご応募頂きますと同時にスポリートへの会員登録となります。

お問合せ先

スポリート編集部
お問合せフォーム

この記事でご紹介した商品


記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

#モルテンでカーボローディングキャンペーン

あわせて読みたい




ページトップへ