【大学生の挑戦】ふみか20歳&そうた22歳フルマラソン初完走を目指して その8「ふみかそうた、30km走る」



大学生のふみかちゃんとそうたくんの、フルマラソン挑戦を応援する本企画。今回は、フルマラソン本番前ラストのロング走練習として、30kmを走りました!

以前、練習メニューを見直してから、少しずつ長い距離を走る練習を重ねてきたふみかそうた。これまでに何度か二人で予定を合わせて、20kmの練習もしてきたとのこと。 少しずつ長い距離を走ることにもなれてきて、脚も疲れにくくなってきたようです。

20kmほどであればほとんど休憩なしで走れるようになったという二人。練習の成果が現れてきたようで何より!
でも、それ以上の距離はまだ未知の世界です。というわけで今回は、大会前の最後のロング走練習として、30kmランに挑戦しました!

多摩川沿いを走る!

今回は、多摩川沿いをぐるりとまわる30kmコースを走ります。

この日は9月末にもかかわらず、気温が30℃近くまで上昇。暑さが心配ですが、しっかり水分補給をしながら無理せず頑張りましょう!

30kmラン、スタート!!

川沿いのコースは地面がきれいに舗装されていて走りやすい!

フルマラソンの目標タイムはそれぞれ違う二人ですが、初めのうちは一緒に走ることにしたようです。

暑いので、こまめな水分補給もしっかりと。

「そろそろ5kmだね〜」と二人で確認したところで、ここからはそれぞれのペースで走り始めます。

そうた氏はペースを上げて一足先へ

一人で走りはじめて少しした頃、カンカンに照りだした日差しも相まって、少しずつ疲れが…

それでも10kmを超えたあたりで日陰の多い道になり、ペースも安定してきました。
「20kmを目指して走るときの10kmよりも、30kmを目指してるときの10kmのほうが気楽〜」(ふみか)と、なんとも根性ある哲学的な言葉を残していました(?)

その頃、そうた氏も暑さでバテ気味だった模様。

その後も、しんどくなったり復活したりを繰り返しつつ…

20kmを超えるといよいよここからは未知の領域。これまでは暑さによるしんどさ以外はそれほどなかったようで水分補給さえ欠かさなければ淡々と走ってこられましたが、このあたりから少しずつ脚の疲労も出始めた様子。

それでも走り続けます。

残り約6kmのところ。やっぱり脚がつらい…!

でも、自分で立ち上がってまた走り出します。さすがの根性。
あと5km、というところでは再び元気も出てきました。

その頃、一足先にそうた氏がゴール!!

自分のペースで走ろうとするとついつい飛ばしがちになってしまう彼。この日は暑さもあったので、途中からバテてしまったとのこと…!
本番ではペースメーカーさんをうまく見つけるなどして、ペースを保ちながら走れるといいですね!!

ふみか氏ももう少し!!

ゴールの橋が見えてくると、「あれ、ゴールですよね!!」と、一段階ギアが上がったようでした。

そしてついに、そうた氏のゴールから約30分後…

ふみか氏もゴール!!!

「本番はこれよりも10km以上多く走るとか考えられない!!」と嘆いていたふみか氏ですが…

5分後にはけろっとした顔をしていました。恐るべき回復力。
この日はとにかく暑さと日差しにやられた、という印象の二人だったので、本番はほどよいお天気になってくれることを祈りましょう…!

走り終えてほんの少し休憩したら、「じゃ、次の予定があるので! お疲れ様でしたありがとうございました〜」と颯爽と帰っていく二人。

何はともあれ、無事に30kmを完走することができました。
ちなみに、この日のタイム(途中の休憩時間を含む)は

ふみか: 4時間10分
そうた: 3時間45分

でした。
それぞれのフルマラソン目標タイムは、

ふみか: 5時間切り
そうた: 4時間切り

なので、ここまで来るとお天気やコンディション次第で目標達成できるかどうかが決まってきそう…

とにかく、二人とも30kmという未知の世界を無事に乗り越えることができたので、あとは大会までの調整期間をうまく過ごしながら本番を迎えられるといいですね!!

次回はいよいよ水戸黄門漫遊マラソン本番!! お楽しみに!!

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【大学生の挑戦】ふみか20歳&そうた22歳フルマラソン初完走を目指して その8「ふみかそうた、30km走る」
Spoleteマラソンアンバサダー
一ノ瀬ふみか  [記事一覧]

東京都出身の20歳。中学から始めた陸上を「もう絶対走んない」という決意を胸に引退して早3年。
すっかりたるんでしまった身体を見て、やっぱちょっと走りたいなぁと思っていたところあれよあれよとフルマラソンを走る事になりました。普段は大学生、ときどき役者、ときどきライターをしています。
一ノ瀬ふみか

あわせて読みたい




ページトップへ