【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その1 編集長は着痩せするタイプの超食いしん坊だった



スポリートがランナーの挑戦を応援する本企画。今回はなんとスポリート編集長の清水さんがチャレンジャーに。目標は、あの頃の身体に戻ること…。気づけば若かりし頃よりも20kg近く増えていた体重。ランとトレーニングをしながら健康的な食生活を実現し、ダイエットに挑戦! シュッとした編集長になるための戦いが今、始まります。

我らがスポリート編集長の清水さん。日頃から「いやあ〜痩せられたらうれしいんですけどねえ」と、よく口にしていました。「だったら、本気でダイエット企画してみません?」ということで、スポリートの挑戦企画に編集長自ら参戦することが決定! 初回は編集長夫妻に突撃し、体重増加の要因になった生活スタイルについて根掘り葉掘り聞きました…。

身長182cmと比較的大柄な清水さんは、確かに体つきも大きめな印象。でも、「いつもご飯をもりもり食べているなあ」「言われてみれば、お腹あたりが?」というくらいで、編集部メンバーはそこまで「太っている」という印象を抱いたことがありませんでした。
しかし、この企画を開始するにあたって、編集長が究極の“着痩せするタイプ”だったことが判明したのです…。

あの頃から気づけば20kg近く増えていた…

今回の企画の目標を決めるためにも、まずは現状を知る必要が。そして、健康的なダイエットには規則正しい生活や食生活などがカギになってきます。ということで、身近な人からの意見も聞いてみようと、編集部は清水さんの奥さんも交えて話を聞くことになりました。

──清水さんって昔はもっと細かったんですか?

清水編集長

そう、20代の頃は体重65kgもないくらいで本当細かったんですよ。


奥さん

それこそ、私のジーンズも履けちゃうくらいの細さでした。それが、結婚する少し前からどんどん太り出して…。


清水編集長

結婚前に禁煙に成功したんですけど、タバコをやめられたらご飯がものすごくおいしく感じるようになって。どんどん食べちゃうんですよね。普通は結婚式に向けてシュッとしたいという人が多いのに、僕の場合は10kgくらい増えちゃった(笑)。


──結婚は何年前ですか?

奥さん

10年前です。もともとがすごく細かったので、その頃はまだ「70kg切るくらいに戻せるといいね」なんて言っていたんですけど、そうこうしているうちに80kg目前にまで増えていって…。


清水編集長

そうそう。80kgが近づいてきた頃にちょうどランニングを始めて、そしたら体重も少し落ちて75kg前後をキープできるようになった時期があって。それで油断したのか、その後ついに80kgを超えました。今は82〜3kgくらいです。


むしろ80kg台に収まってるのが奇跡では? という食いしん坊っぷり

──ご飯がおいしくなっちゃったからといって、20kg近く増えたのってなかなかですよね。何かほかにも原因に心当たりがあったりするんですか?

清水編集長

…お菓子の食べ過ぎかな。あとは、夜中に食べちゃったり、不規則な食生活も影響してると思います。


奥さん

家族で夕飯を食べても、その後炊飯器に残っているご飯や、カップ麺を2、3個一人で夜中に食べていたり…。


──カップ麺ってそんな一気に2、3個食べるもんじゃないですよね。

奥さん

ポテトチップスなどのスナック系も夜中に食べていたり…。最近は開き直ってるみたいなんですけど、昔は私にバレないようこっそり食べてたんですよ(笑)。


清水編集長

悪いことをしてるっていう自覚はありました…(笑)。僕、昔から仕事が忙しくなるとたくさん食べちゃう傾向があって。だから、ふと「このままだとやばいな」と気づくとたまに痩せようと意識したりはするんですよ。


奥さん

それこそ「ハイカロリーなものを食べすぎないように」とお弁当を持っていっていた時期もあったんです。それなのに、「なんだか太ってるぞ」と思って。「他にも何か食べてるの?」って聞いたら、どうやら仕事の合間にポテチを食べていると(笑)。お弁当で足りないぶんを結局お菓子で補ってたら意味ないじゃん! って。


その後も、清水さんの暴食っぷりが次々と奥さんによってリークされる…──(例:どんぶりでご飯を食べるのが当たり前、箱買いしたポテチを車に保管、飲み会の前に牛丼で腹ごしらえ、深夜のアイスが日課、など…)

──…なんだか、逆に80kgちょいで留まれていることが奇跡のように思えてきました。その食生活聞いたら完全に100kg以上あってもおかしくなさそう。

奥さん

ですよね? でも、食い止められちゃっているからこそもしかしたら本人はなかなか本気になれなかったのかもしれないですね。今度こそお願いだからね…!


清水編集長

はい(反省)。


奥さん

3人目の子どもも生まれたばっかりなんだから、本当に長生きしてもらわないと。健康診断の数値もあんまり良くなかったり、その度にかならず「痩せれば解決するはずです」って言われるし。見た目とかよりも、普通に健康が心配なんですよ。…っていう話を家でもしていたら、子どもたちが「パパ死んじゃうの〜〜(号泣)」って大騒ぎでした(笑)。


──かわいい。でも、本当にパパとしても健康に長生きしないとですよ! 清水さん、今ふと思ったんですけど。もしかしてこのダイエット、お菓子を我慢すればそれなりに成果が出るのでは…?

清水編集長

……いや、でもその我慢が…難しいんですよ…(遠い目)。スポリート編集長として、これまで以上に運動もしながら食生活も改善できるように頑張ります。


痩せられたらもう一度、あのウエットスーツを

──目標、どうしましょうか。さすがに20代の頃は細すぎだったというのもあるので、10kg落として72、3kgあたりを目指しますか?

清水編集長

はい、頑張ります。


──ダイエットに成功したらやりたいこととか、ありますか?

清水編集長

ランニングに関係ないけど、ウエットスーツが着られるようになりたいなあ。


──そっか、ダイビングが趣味なんですもんね。

清水編集長

衝撃的だったことに、せっかくオーダーで作ったウエットスーツが裂けたんですよ…。太ってきつくなってきたなあって思い始めた頃は、髪用のコンディショナーを身体に塗ってヌルヌルにして着るようになり、その後ついにビビビビビッって裂けました。高かったのに…。一応スーツは修理してもらったんですけど、その後はもう怖くて着られてないです。たぶん入らないだろうなあ。


奥さん

ウエットスーツをオーダーしたのはたぶんちょうど72、3kgだった頃だよね。


清水編集長

これを再び着られるようになって、ダイビングを楽しむっていうのがもうひとつの目標で。もちろんランニングも楽しんで痩せてみせます!


──それで家族できれいな海へ旅行…とかできたらいいですね。

清水編集長

いいっすね〜


奥さん

来年は息子の七五三もあるし、シュッとした姿で記念写真も撮れたらいいですね。


編集長の挑戦がスタート

というわけで、いろいろと明らかになった清水さんのこれまでのエピソード。これからランニングやトレーニングを取り入れながら、健康的にダイエットしていきますよ!
……とは言っても、食生活でのちょっとした我慢を積み重ねられれば、ある程度は体重を落とせそうな予感。そこで、ひとまずは食生活のルールを決めました。

直近の食生活目標

  1. 外食時の「大盛り」は我慢
  2. 基本的に 21時以降はものを食べない
  3. 朝ごはんをちゃんと食べて規則正しい食事を心がける

お菓子とご飯が大好きな編集長、きちんとルールを守ることができるのでしょうか…!
スポリートの名に掛けてぜひとも頑張っていただきたいと思います。

今後さらにトレーニングに力を入れたり、食生活改善も図ったりしながら、清水さんがスポリート編集長として、3児の父として、一家の大黒柱として、「健康&長生き」を目指したダイエットに挑戦します!
きっと、同じように「痩せようと言いつつなかなか本気になれなかったけど、そろそろやばいぞ…!」と感じていた人、多いのではないでしょうか。
挑戦の模様は今後もスポリートでお伝えしていくので、読者のみなさんもぜひ参考にしながら、編集長を応援してください!!!

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その1 編集長は着痩せするタイプの超食いしん坊だった
Spoleteマラソンアンバサダー
清水 孝祥  [記事一覧]

スポリート(当サイト)の編集長であり、速さより楽しさ優先の市民ランナー

健康診断で尿酸値高め。中性脂肪高め。世界で一番走るのがキライだったと公言する編集長は今ではすっかりラン好きになりました。
清水 孝祥

あわせて読みたい




ページトップへ