【まゆの走る日々 その1】ランニングフォーム改善のカギは“目線”!? 初めてランニングを教わってみました

特集 まゆの走る日々

都内在住の会社員で、日ごろからランニングを楽しむスポリートアンバサダーのまゆさん。本企画では、まゆさんが美しいフォームを手に入れ、ランニングの新しい楽しみ方に出会う日々にフォーカスします。今回は、頂プロジェクトの町野監督に、初めてフォームチェックを受けてきました!

まずは自己紹介!

みなさんはじめまして。まゆと申します。5、6年前にダイエット目的で走り始めたのをきっかけに、今では週に1〜2回、5kmほどランニングをするのが習慣になりました。

みなさんはじめまして。まゆと申します。
5、6年前にダイエット目的で走り始めたのをきっかけに、今では週に1〜2回、5kmほどランニングをするのが習慣になりました。

走り始める前は、運動が本当に苦手というか、むしろ嫌いで……。でも、いざ走ってみたら、ゆっくり自分のペースで走るのってなんだかいいかも! と思えるように。

ランニングって、あまり運動神経の良し悪しが関係ないというか、足を止めなければ必ずゴールがやってくる感じが好きだなって思うんです。それに、ひたすら前に進み続ける行為だから、ポジディブなイメージしかないのもいいところ。

ランニングって、あまり運動神経の良し悪しが関係ないというか、足を止めなければ必ずゴールがやってくる感じが好きだなって思うんです。それに、ひたすら前に進み続ける行為だから、ポジディブなイメージしかないのもいいところ。

ちょっと疲れて気分が下がり気味のときほど、走って身体を動かすことでポジティブパワーをもらうことができて、私生活や仕事にもプラスの影響をもらっている感じがします!

目標は、いつかフルマラソンを完走すること!

目標は、いつかフルマラソンを完走すること!
ハーフマラソンの大会には1度出たことがあって、それ以降、休みの日はたまに20kmほど走ることもありますが、それ以上の距離はまだ経験がありません。

とはいえ、今はコロナの影響もあっていつ大会に出られるかわからないので……まずは長い距離を走れるようになれたらいいな、と思っているところ。どこか、景色のきれいなところを走りたいな。あとは筋トレが好きでジムに通ったりもしているので、走るために良い筋肉の付け方とかがあれば知りたいです!

今日は頂プロジェクトの町野監督からアドバイスをいただきます!

そのためにも、今日は頂プロジェクトの町野監督からアドバイスをいただくことに!
私、フォームが悪いみたいで……。よく「姿勢が反っている」って言われるんです。これまできちんと誰かに教わる機会がなかったので、これを機にきれいなフォームで走れるようになりたいと思います♪

本日のランニングコーデ

ナイキが好きなので、今日は気合を入れるためにも全身ナイキで固めてきました!

ナイキが好きなので、今日は気合を入れるためにも全身ナイキで固めてきました!
ナイキのタイツは身体のラインをほどよくカバーしてくれるのがお気に入り。トップスとシューズの色は、ピンクで合わせてみました。街着もできるようなウェアが好きで、私服にもできそうなものを選ぶことが多いです。

さっそくフォームチェック!

まずは、トラックを歩きながら身体の動きをチェック。体重のかかり方や動き方を見てもらいました。

まずは、トラックを歩きながら身体の動きをチェック。体重のかかり方や動き方を見てもらいました。

まゆ :  私、走っていると腰が反っちゃうみたいで。よく「姿勢が良すぎて反り返ってるみたい」って言われるんです。

町野監督 :  なるほど。走っていると、どこかに痛みが出たりすることはないですか?

まゆ :  20kmくらい走ると、両ひざの外側が痛くなることがあります。

町野監督 :  もしかすると、腰が反っているから股関節がうまく使えていなくて、ひざに痛みが出やすいのかもしれませんね。あとは、腰が反ると接地位置も前気味になるので、ブレーキがかかってひざに負担がかかっていたり。

まゆ :  ふむふむ……。

町野監督 :  次は、軽く走ってみましょうか。

走っているときの視線が少し高いのかもしれませんね。視線が上がると顎も上がって、腰が反ってしまうんですよね。(町野監督)

町野監督 :  まゆさんは、走っているときの視線が少し高いのかもしれませんね。視線が上がると顎も上がって、腰が反ってしまうんですよね。

視線かぁ……意識したことなかったかも。たしかに、いつも遠くを見てた気がします。(まゆ)

まゆ :  視線かぁ……意識したことなかったかも。たしかに、いつも遠くを見てた気がします。

町野監督 :  20mくらい先の地面を見るようなイメージで走るとちょうどいいと思います。

20mくらい先の地面を見るようなイメージで走るとちょうどいいと思います。(町野監督)

まゆ :  こんなに近くでいいんだ! しかも、顎を引くと少し姿勢がラクになった感じがします。

腕の振り方も意識してみてください。お腹のあたりにある太鼓を叩くイメージで、ひじは90°に曲げて、肩甲骨からしっかり引いてあげましょう。(町野監督)

町野監督 :  腕の振り方も意識してみてください。お腹のあたりにある太鼓を叩くイメージで、ひじは90°に曲げて、肩甲骨からしっかり引いてあげましょう。

ひじもこんなに引くんですね!(まゆ)

まゆ :  ひじもこんなに引くんですね!

町野監督 :  身体の横をきちんと沿わせて、ひじが外に開かないように気をつけてくださいね。
あとは、足の着き方かなあ。目線を意識すれば改善されるところもあると思いますが、まゆさんは接地が前気味な分、ひざが曲がった状態で足を着いてしまっています。空き缶を上から踏んで潰すようなイメージで、真下に足を着くよう意識してみてください。

空き缶を上から踏んで潰すようなイメージで、真下に足を着くよう意識してみてください。(町野)

まゆ :  言われたこともないし、意識したこともなかった! 目が覚めるようです……!

町野監督 :  今の足の動きだけでも、左右それぞれ1日20回でいいので続けると、足の着き方がきれいになっていくはずです。

まゆ :  やってみます!

ランニングは繰り返し動作なので、小さな動作ひとつ変えるだけでも、大きな改善につながります。(町野監督)

町野監督 :  ランニングは繰り返し動作なので、小さな動作ひとつ変えるだけでも、大きな改善につながります。まゆさんの場合は、まずは視線。そして腕振りと、足の着き方を意識するだけでも、かなり美しいフォームになっていくと思いますよ。

ランニングって、難しい動きは必要ないのに奥が深いですね……。(まゆ)

まゆ :  すごい! ランニングって、難しい動きは必要ないのに奥が深いですね……。

町野監督 :  走っている間にずっと意識し続けるのってなかなか難しいので、さきほどレクチャーした、足の着き方の練習など、日常生活から意識してあげるのがおすすめです。それが身体の癖として身につけば、走りも安定して、フォームも変わっていきます。ぜひ続けてみてください!

まゆ :  はい! ありがとうございます!!

少しの意識の積み重ねで、フォームは改善できる!

これまで人から走り方を教わったこともなく、スポーツ経験もほとんどなかった私にも、とってもわかりやすく教えてくださり感動しました!
走るときの視線も、腕の振り方も、足の着き方も……どれも意識したことがなかったので、目からウロコ。少し意識するだけでフォームが大きく変わることも驚きでした。

改善のためのアドバイスも、「日常生活のなかから気をつけて」「1日20回だけでいいから」など、無理なく続けられそうなことばかりでありがたかったです。
また改めてランニングを頑張ってみたいなと思えました。きれいなフォームで長い距離を走れるよう、今回教わったことを意識していきたいと思います!

プロフィール

  • まゆ

    都内在住の会社員で、日ごろからランニングを楽しんでいます。5、6年前にダイエット目的で走り始めたのをきっかけに、今では週に1〜2回、5kmほどランニングをするのが習慣に。
    ランニングの新しい楽しみ方を日々研究中!

    記事をすべて表示

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. 特集

    【監督対談 vol.1】市民ランナー必見!タイムを上げるために必要な練習と、アドバイザーの必要性とは?/榎木和貴(創価大学陸上競技部駅伝部監督)×町野走一(頂プロジェクト監督)

    監督対談
  2. 特集

    【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その5 編集長は試練へと立ち向かう

    ランニングでダイエット
  3. 特集

    トレイルランってどうやって始めればいいの? vol.2 『アイテム編』

    トレランことはじめ
  4. 特集

    【独占インタビュー】人との出会いでつながった陸上人生 − マラソン日本代表 中村匠吾選手 −

    中村匠吾選手独占インタビュー
  5. 特集

    洗い方は? 頻度は? 汚れにくくするには? ランニングシューズのお手入れQ&A!

    ランニングシューズのお手入れ