ランニングシューズの使い方チェックで、ランニングフォームの改善を!



神奈川県平塚市にある藤原商会では、ランニングシューズ選びの「お買いものツアー」に参加したことのある人だけが申し込める、フォローアップセッション「パーソナルシューズチェック&フォームチェック」というサービスがあります。パーソナルという名の通り、シューズアドバイザー‎藤原岳久さんがあなたのためにマンツーマンで、より良いシューズの使い方やランニングフォームの改善点をアドバイスしてくれる講習会です。今回、体験してくれるのは、以前「お買いものツアー」に参加したことのあるSpoleteマラソンアンバサダー横浜の全力中年さん(以降、全力さん)です!

近況のヒアリング

全力さんの近況について丁寧にヒアリングしながら、カルテに記入していきます。全力さんの最近のタイムは、三浦国際市民マラソン(ハーフ)を1時間38分48秒。ハーフのベストタイムは1時間33分45秒。雨天だったことやコースの起伏を考えると、とても良いパフォーマンスです。

全力さんが前回お買いものツアーに参加してから約5か月。それまではベアフットシューズばかりを履いていましたが、お買いものツアーですすめられたトレーニングシューズを履くようになって、さらにパフォーマンスが向上したようです。

藤原さん

今後さらにランニングを楽しむには、レーシングシューズを履くなど、シューズ履き分けにさらなる変化とバリエーションを加えるといいでしょう。では、さらに状況を確認していきます


全力さんには、現在使用中のシューズを持ってきてもらいました。
左は前回のお買い物ツアーで購入したトレーニングシューズ、右は右は以前から愛用しているレーシングシューズ

体のバランスをチェック

シューズを履かない状態で、一定の動作を行って体のバランスを見ていきます。

藤原さん

左側が硬いために右足に体重を乗せがちになっていますね。


動作は録画され、その場で一緒に確認し、説明を受けることができます。

藤原さん

走る前に股関節の左側を特に前後左右にほぐすと良いですよ。


ランニングシューズの状態を確認

続いて、いま使っているランニングシューズの使用状況などをヒアリング。

全力さんが以前、藤原商会のお買いものツアーで購入したトレーニングシューズを履いて、トレッドミルを走ります。

藤原さん

全力さんの走り方は、トレーニングシューズのクッションに慣れ、足の送り方がとてもスムーズになりました。前傾も綺麗で体の回旋もなく、推進力を使って無駄のない走り方ができています。


さらに発展させるために、何種類か新しいシューズを試し履きさせてもらいます。
クッション性の高いデイリートレーナーでの練習の合間に、時々足裏に刺激を与えるベアフットでの練習も効果的。
今回は、メレルのベアフットシューズ「VAPOR GLOVE 4」を試してみます。ソール(靴底)が薄く、素足感覚で履けるシューズです。

グリップ力の高いビブラムソールが採用されていて、地面をよく捉え、素足で走っているような感覚に。

このメレルの「VAPOR GLOVE 4」を履いて、地面から足が離れたあと、お尻に引き付けるフォームを練習。続いてトレッドミルでも実践します。全力さんのフォームはとても綺麗です。

次に藤原さんが全力さんにオススメするのは、スケッチャーズの「GOrun 7」。

全力さん

いつも使っているブルックスのグリセリンとは、履き心地からして全然違う感じがします


実際にトレッドミルを走ってみます。

藤原さん

今後購入するとしたら、接地感がトレーニングシューズに近くてシューズ重量が軽いもの。アディダスの「アディゼロ ボストン」シリーズや、ナイキの「ズームフライ フライニット」シリーズなどもおすすめです。


藤原さんよりシューズの発展的使い方の提案

藤原さん

全力さんが更なる進化をとげるには、シューズに対して守りの考え方では不十分です。攻めのシューズプランとして、これからシューズを買うのであれば『テンポアップラン』に該当するシューズを導入するといいでしょう


トレーニングシューズとコンビで使えば、レースでのパフォーマンスはかなり期待できます。
全力さんが参加した、藤原商会の「パーソナルシューズチェック&フォームチェック」。藤原さんのセッションに参加する前は、ベアフットにこだわっていた全力さんですが、藤原さんのおすすめでトレーニングシューズも活用するようになり、良い変化を感じられるように。

藤原さん

今後も一つにこだわらず、シューズにも変化を加えてみてください


藤原商会のシューズチェック&フォームチェック

今回レポートした藤原商会の「パーソナルシューズチェック&フォームチェック」は、「お買いものツアー」に参加したことがある人限定のサービス。シューズアドバイザー藤原岳久さんのアドバイスを受けた人が、さらにシューズの使い方をブラッシュアップするのが目的。時間は45分とコンパクトなマンツーマンレッスンで、藤原さんが記入した紙のカルテももらえます。ランニングシューズを購入したあとも、定期的にランニングフォームのチェックや、自分に必要なシューズについて考えてみてはいかがでしょうか。

Running Shop De お買いものツアーin Hiratuka

【お買いものツアー参加者限定】パーソナルシューズチェック&フォームチェック

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニングシューズの使い方チェックで、ランニングフォームの改善を!
Spoleteマラソンアンバサダー
ayame  [記事一覧]

3歳の息子を子育て中の40代兼業主婦。中学高校は帰宅部、短大時代はヨット部幽霊部員。スポーツ観戦が大好きな運動音痴。人生の折り返しに無謀なことにチャレンジしたいと思い、フルマラソン完走を目標にする。
ayame

あわせて読みたい




ページトップへ