【ご褒美ラン】蒲田の羽根つき餃子が食べたくて。横浜から走って行ってみた!

特集 ご褒美ラン

餃子が大好きです。あの姿形といい、野菜と肉と炭水化物を一気に摂取できる手っ取り早さといい、愛すべき要素がたっぷり詰まったフードだと思うのです。餃子で有名な街といえば、宇都宮や浜松ですが、東京にも羽根つき餃子で有名な街があります。そう、蒲田です。餃子をビールで流し込む。そんな背徳感たっぷりなお楽しみのために、私にとっては長距離に入る7.5kmランに挑戦してきました。

あきらめない。ゲリラ豪雨に見舞われても。

コースはシンプルに、横浜の自宅から蒲田駅まで。調べてみたら7.5kmありました。5kmを超えるランニングは久しぶりですが、7.5kmなら辿り着ける気がします。蒲田へは、街中ではなく、多摩川沿いを下って向かいます。ただ、決戦の日はあいにくの空模様。ゲリラ豪雨が少し怖いです。

4.5km地点までは1km7分ペースを保ち、気持ちよく走っていたのですが。ポツポツと雨なのか汗なのか分からない程度に降ってきてしまいました。いけるかな?どうかな?と思っていた矢先。バケツをひっくり返したような大量のしかも大粒の雨が!恐れていたゲリラ豪雨です。目の前に架かる橋までダッシュして、しばらく高架下で雨宿りすることに。

正直、心は折れかけていました。寒いし、止む気配ないし。近くの駅から電車に乗って帰っちゃおうか。そんな考えが頭を過っていました。しかし、諦めかけていた心に「餃子を食べたい欲求」が勝ったのです。なんとしても食べたい。根性見せます。

待つこと20分。雨が上がりました。すっかり日は落ち、暗くなってしまいましたが、残り2キロちょっと頑張って走りたいと思います。

出発から1時間半、ついに蒲田駅に到着!途中で雨宿りをしたので、当初予定していた時間は若干オーバーしてしまいましたが、無事に蒲田まで来られて安心しました(笑)。これで、心置きなく餃子が食べられる。ビールが飲める。お店に急ぎます!

走りすぎには要注意。

蒲田には羽根つき餃子を出す中華料理店が複数ありますが、蒲田駅からほど近い歓迎本店さんへ。店内は満席。賑やかで、活気があって、それだけでテンションが上がります。到着早々、まずはカラカラに乾いた喉をビールで潤したいと思います。いただきまーす!

あぁ〜美味しい!至福とはまさにこのことを言うんでしょうね。汗かいた後のビールって、なんでこんなに美味しいんだろう?何杯でも飲めちゃうなぁ。そして、待ちに待った羽根つき餃子。ご覧の通りパリッパリ。しっかりめの焼き色が、食欲をそそりますね。

タレをたっぷりつけてかぶりつくと、中からアツアツの肉汁が飛び出しました。これはすごい。餃子好きでよかったです本当に。あぁ〜幸せ。

トマトと卵の炒め物や麻婆豆腐も美味しくいただきました。

ただ一つだけ、後悔したことがあります。餃子やビールというハイカロリーな食事に合わせて、たくさん走ってきたのですが、思った以上に食べられなかったんです。長距離すぎたんですね。疲労感より達成感が上回っていたものの、肝心の身体はしっかり疲れていたようです。次回からは適度な距離に抑えたいと思います。とはいえ、頑張った後のご褒美時間は至福でした。今回も美味しかった〜。ご馳走さまでした!

プロフィール

あわせて読みたい

すべて表示

人気記事

  1. 特集

    福田穣コラム『Life is a challenge!!』アムステルダムマラソンを終えて

    福田穣コラム
  2. 特集

    【監督対談 vol.1】市民ランナー必見!タイムを上げるために必要な練習と、アドバイザーの必要性とは?/榎木和貴(創価大学陸上競技部駅伝部監督)×町野走一(頂プロジェクト監督)

    監督対談
  3. 特集

    トレイルランってどうやって始めればいいの? vol.2 『アイテム編』

    トレランことはじめ
  4. 特集

    【まゆの走る日々 その2】タンパク質補給のポイントは? お米は食べていい? 食物繊維は二種類? 栄養士さんに食生活のアドバイスをもらいました!

    まゆの走る日々
  5. 特集

    【ダイエット企画】10kg痩せて「いつまでも健康なパパ」に! その5 編集長は試練へと立ち向かう

    ランニングでダイエット