【大学生の挑戦】ふみか20歳&そうた22歳フルマラソン初完走を目指して その9「ふみかそうた、フルマラソン本番!」



大学生のふみかちゃんとそうたくんの、フルマラソン挑戦を応援する本企画。今回は、いよいよ大会本番! 初フルマラソンへの挑戦。ふみかそうたは無事に完走し、目標を達成することはできるのでしょうか!

いざ、水戸へ!

これまで、およそ半年間にわたってフルマラソンに向けた練習を続けてきたふみかそうた。忙しい大学生活の合間に練習を重ねることは大変だったと思いますが、泣いても笑ってもこの日が本番!

というわけで、水戸駅にやってきました。

マラソン参加者で駅には人がいっぱい!

駅前では応援者用に旗が配られていました。マラソン一色の街のようすに気分もあがります。

ふみかそうたとも無事に合流!

ふみか

前泊して体調は絶好調! 朝ごはんは納豆ご飯を食べました。


そうた

昨日は早く布団に入ったけれど、遠足の前日みたいな感覚で目が冴えちゃってなかなか寝られなかった…。


この日のお天気は曇り空。スタート前にはぽつぽつと雨も降り出して、時折雨脚が強まることも。スタート前に体を冷やさないように…!

二人ともゼッケンと計測チップをつけて、準備完了! スタート地点へと向かいます。
応援チームはいったんここでお別れ。いってらっしゃい!!!

順調な前半。そして後半は…?

応援チームはひとまず電車に乗って、ハーフ地点付近にやってきました。ここで二人を待ちます!

9時にスタートしてから約2時間。11時ごろに、ついにそうた氏の姿が!

声を掛けるとこちらに笑顔を向けてくれ、まだ元気そうで応援チームも一安心。目標タイム(4時間切り)的にも今のところ順調です。

そうた氏の通過から20分と少し経ったころ、ふみか氏も来ました!

こちらも笑顔が見られて一安心です。ふみか氏も目標タイムの5時間切りに向けて順調に走れている様子。
でも、ここまでは二人にとって走り慣れた20km。この先、どんな戦いが待ち受けているのでしょうか!

ハーフ地点で二人を見届けたあとは、35km地点付近で二人を待ちます。

歴史を感じさせる風光明瞭な街並みを走れるのは、水戸黄門漫遊マラソンの魅力のひとつ。偕楽園の一部もコースに含まれていて、偕楽園に隣接する千波湖をぐるりと周る道のりも。

今年はまだあまり紅葉が始まっていませんでしたが、タイミングが合えば鮮やかに色づく豊かな木々の間を走れることも。
フルマラソンで一番つらいといわれる35km地点。美しい景色を眺めながら走れば、疲労も少し和らぐかも…?

風情ある景色を眺めながらふみかそうたを待ち構える応援チームでしたが、待てども待てどもふみかそうたが現れる気配がない…。「応援navi」のアプリで確認してみても、二人とも30kmに差し掛かるあたりでガクッとタイムが落ちている模様。大丈夫かな…。

そしてスタートからおよそ3時間40分、そうた氏の姿が35km地点に見えました!

死にそうな顔をして走ってくるのが見えて心配になりましたが、応援チームに気づくとこの笑顔。
あと7km!! がんばれ…!!!

ふみか氏もタイムが落ちて心配でしたが、そうた氏から40分ほど遅れて登場。膝にテーピングが巻かれているのを発見。大丈夫かな…。

がんばれ〜!!!

ここからはラストスパート!!

そうた氏、4時間45分でゴール!!

そうた

20kmまででちょっと飛ばしすぎて、30kmまではなんとか耐えたけど…それ以降は脚に限界がきました。息は切れてないのに、脚が前に進まなかった…。


目標の4時間切りは残念ながら達成できなかったけれど、なにはともあれ初フルマラソンおつかれさまでした!!

そうた

「フルマラソン走ったら人生変わる」ってよく聞くけど、特に変わらなかった…。


と、例のごとく鋼の精神力っぷりを表すひとことをさらり。でも、なんだかんだ完走できて嬉しそうです。

印籠を模したかっこいいメダルもゲットできました。

そして、そうた氏がゴールしてしばらくしたころ、ふみか氏もラストスパートへ!! あと少しファイト!!!

5時間28分でふみか氏もゴール!!!

ゴール後すぐに涙が溢れ出します。

ふみか

もう…水戸の人たちがいい人すぎて……子どもたちが、見知らぬ私のことをあんなに一生懸命応援してくれて……。本当に人の温かさを感じました。エイドの納豆巻きがおいしかった……。


ふみか氏も無事に完走メダルをゲット! おめでとう〜!!

ふみか

25kmのあたりから左膝が痛くなってしまって、救護室でテーピングしてもらいました。


ふみか氏も初フル完走おつかれさまでした!!!

ふみか

めちゃくちゃきつかったけれど、もう一回くらい走ったらもうちょっとうまく走れそうだなあ。


そうた

目標達成できなくて悔しい! 絶対にまた走ると思います。


と、初フルマラソンを体験したばかりの二人は、さっそく前向きな言葉を残してくれました。残念ながら一発で目標達成とはいかなかったけれど、強い心を持つ二人なら、きっと次はよりよい走りを見せてくれるはず! これを機にぜひ今後も走ることを続けて、また挑戦する姿を見せてくれることを期待しています!!

次は、編集長が本気出す番ですよ…

ふみかそうたの初チャレンジを見届けた応援チーム。若い二人が、アクティブで忙しい大学生活の中ひたむきに頑張ってきた姿に刺激を受けました。
スポリートでは、編集長ダイエット企画も並行して進行中。ふみかそうたに「次は清水編集長の番ですよ」と、エール(という名のプレッシャー)をもらいました。

若者の頑張りを間近で見届けた今、社会の酸いも甘いも噛み分けてきた我が編集長がここで頑張らないわけにはいきません。清水編集長、二人の頑張る姿と思いを胸に、ダイエット企画がんばりましょう!!

ここでいったん、ふみかそうたの挑戦は一区切り。でも、完走直後からリベンジに燃える二人の熱い心をキャッチしたので、スポリートは今後も引き続きふみかそうたを応援します!!
これから就職したり、社会人になってこれまで以上にいろいろな経験をすることになったり。大変なこともたくさんあるかもしれないけれど、そんなときはフルマラソンを完走したことも自信のひとつにしながら乗り越えていってくれたらうれしいです。普段から気分転換に走ってみるのもおすすめ! ふみかそうたのこれからの活躍、スポリート一同楽しみにしています! そして、ぜひまたフルマラソンにも挑戦してみてね〜!!

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【大学生の挑戦】ふみか20歳&そうた22歳フルマラソン初完走を目指して その9「ふみかそうた、フルマラソン本番!」
Spoleteマラソンアンバサダー
一ノ瀬ふみか  [記事一覧]

東京都出身の20歳。中学から始めた陸上を「もう絶対走んない」という決意を胸に引退して早3年。
すっかりたるんでしまった身体を見て、やっぱちょっと走りたいなぁと思っていたところあれよあれよとフルマラソンを走る事になりました。普段は大学生、ときどき役者、ときどきライターをしています。
一ノ瀬ふみか

あわせて読みたい




ページトップへ