【パラチラン】走る楽しさを求めてチャレンジスタート! その3 宅トレで身体改革中!


2020.7.27

5月末にようやく緊急事態宣言が解除されましたね。 早速、「走ろう!」と意気込みました。が、体調がよくなかったり、雨が降ったりとついつい理由をつけて外に走りにいかない毎日を過ごしておりました。反省です。

これまでの記事一覧

ということで、今回はランニングネタが無いので、このステイホーム期間中に習慣化できた自宅トレーニングについて紹介します!

宅トレの最強のお供「リングフィットアドベンチャー」

3月から走りにもいけなくなったうえ、原則在宅勤務が始まり通勤での往復40分のウォーキングすらなくなり目下問題は運動不足。それを救ってくれたのがNintendo Switchのリングフィットアドベンチャー。ガッキーがCMしているやつです。

使うのはリング状のコントローラーと左足のレッグバンドです。リングコントローラーが手で押し込んだりする動作を判定、レッグバンドがしゃがんだり走ったりする下半身の動作を判定してくれます。

移動は実際に走るとキャラクターも走ります。走るスピードも変化しますし、階段を上る時などは腿上げをする必要があります。一応ストーリーもあり敵と遭遇すると戦いになります。敵と戦うときは自分でセットした筋トレメニューを選び1回1回の動作で攻撃します。コースの途中にもいろいろとギミックがあり腹筋をツイストしたり、スクワットでジャンプしたりと細かいところまで凝っているゲームです。否、これはゲームの顔をしていますが、内容はガチ筋トレです。家がジムになります。

トレーニングのやり方

大体の私のトレーニングの流れはこんな感じです。

  1. 起きて水飲んでSwitchの電源オン
  2. ナレーションに従って、ダイナミックストレッチ
  3. 1日15分ほど運動時間になるようにプレイ。
  4. 確実に組み込んでいる筋トレメニュー
     ★プランク
     ★スクワット
     ★内ももリング押し込み
     ★ヒップリフト
     ★マウンテンクライマー
  5. 同じくナレーションに従ってクールダウンストレッチ
  6. 朝ごはん(卵かけごはんとみそ汁、食後のコーヒーにパラチノース)
  7. 仕事開始

基本的に下半身と体幹を鍛えるように意識しています。
ゲームだと思っていると後悔します。普通にきついですよリングフィット。スクワット/プランクで結構プルプル来ているところに、マウンテンクライマーを入れると一気に汗が噴き出ます。スクワットも決められた秒数をキープできていないと怒られます。 はじめはプランクも途中で崩れてしまったり、マウンテンクライマーは途中で何度も小休憩取っていました。
しかし、1か月後には気づけば負荷を強くしている自分・・・体の変化も1か月くらいから腹筋がうっすら見えてきて確実に変化を感じました。

そして、3か月のトレーニングの結果、久しぶりに自分の腹筋の縦線を見ることが出来、お尻のたれぱんだ状態も解消されました。嬉しい!体重はキープですが体脂肪率は微減傾向です。 何事も続けることが大事なのだと痛感しました。

6月からは出社も徐々にするようになってきましたが、すっかりトレーニングの流れが定着しまして、今では出社する日も朝にリングフィットをやるようになりました。大進歩です。

次回はランニングも!!

通気性のいいマスクも買ったので、次回はランニングの記事をお届けできるように頑張ります。本当はいろいろ出張した先などでのランニング情報をお届けする予定でしたが、まだまだ移動は慎重にということで、次回も近所でのランになりそうです。

会社でのパラチノースのPR活動も、トライアスロン・ヒルクライムなども予定していましたが全部キャンセルとなってしまい、申し込んでいた大阪マラソンEXPOもキャンセルに・・・今年は直接大会会場でランナーの方とお話しできる機会は少なくなってしまいそうですが、近いうちに新情報をお届けできるように頑張っていきたいと思います!

読者限定『サプリメント』10%OFF

この記事を読まれた方だけに読者限定『サプリメント』10%OFFクーポンを進呈いたします。商品をカートに入れた後、下記のクーポンコードを入力頂きますと表示価格よりさらに10%お値引きいたします。

読者限定『サプリメント』10%OFF

クーポンコード:947281

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【パラチラン】走る楽しさを求めてチャレンジスタート! その3 宅トレで身体改革中!
Spoleteマラソンアンバサダー
稲葉 千裕  [記事一覧]

三井製糖株式会社で、スポーツ用のエネルギー補給食で最近注目を浴びているパラチノースの営業を担当。全国を飛び回っての販売促進や、メーカーの商品開発にも協力している。
稲葉 千裕

あわせて読みたい