【パラチラン】走る楽しさを求めてチャレンジスタート! その1 お気に入りのRUNスポットたち


2020.4.27

こんにちは。小学校から走ること、特に持久走が大の苦手でした。稲葉です。 前回のプロローグの記事にもありましたが、普段は持続エネルギー「パラチノース®」を全国各地のお客様に届けるお仕事をしています。お客様のつながりでスポリート編集長清水さんと出会い、「稲葉さんも走っちゃえばいいんじゃないですか?」と雑談の中から生まれた本企画。プロローグ後に青海マラソンの10㎞を意気揚々と申し込んでみましたが、あえなく落選しました。まずは一歩一歩走る距離と時間を伸ばしていきたいと思います。 ちょっとずつ成長する姿を見ていただければ嬉しいです! ※この取材は、2020年3月に行われました。

これまでの記事一覧

夏頃から週1回程度、無理しない範囲で走っています。始めは3㎞でゼーハーしていましたが、少しずつ距離を伸ばし、10月末頃からは時間があれば週末に1時間ランをするようになりました。先日木場公園及びその周辺を走った際はこんな感じでした。

メインは家の周りでのランですが、最近は旅先にもシューズと服を持って行っています。

① 木場公園

メインの出没スポットです。1周で約3㎞走れます。先日のプロローグもここで撮影してもらいました。

始めた当初は1周で精いっぱいでしたが、現在は木場公園を通って豊洲方面に向かい、帰りも木場公園を回ってゴールとするルートがお気に入りです。

② オーストラリア ハミルトン島

先日休暇で行ってきました。

小さいリゾートアイランドで島全体がオーナーの株式会社だそう。そのためほぼ全ての店・レストランで部屋付けができ、島内の移動もゴルフ用のバギーです。

青い海見ながらのんびりするのが最高の島で現在私の激推しスポットです!

肝心のランですがカードキーさえ持っていれば身軽に走れます。しかし、島内は坂道によるアップダウンが激しく、走ろうと思いましたが早々に脱落しました・・・3㎞走れず・・・。
何人か走っている方々を見かけたので調べたところ、山岳ランが年1回ハーフであるそうです。

旅行ランはスーツケースの中にウェアと靴を入れればいいのでハードルが高くないのですが、現在は出張ランのためにいかに荷物をコンパクトにするのか模索中です。次回は国内の出張先でのランレポートを配信できるように頑張ります。

ちなみに3㎞の時はパラチノース摂取しませんが、1時間ランの時はマグカップの水に15gほどパラチノースを溶かして30分程前に摂取しています。各地で行われるマラソン大会にもたまに出展していることがあります。私もブースにいる確率が高いので、摂り方など気になる方はお立ち寄りください。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【パラチラン】走る楽しさを求めてチャレンジスタート! その1 お気に入りのRUNスポットたち
Spoleteマラソンアンバサダー
稲葉 千裕  [記事一覧]

三井製糖株式会社で、スポーツ用のエネルギー補給食で最近注目を浴びているパラチノースの営業を担当。全国を飛び回っての販売促進や、メーカーの商品開発にも協力している。
稲葉 千裕

あわせて読みたい