【サプリメント図鑑vol.12】新田ゼラチン『RUNSHOT(ランショット)』編─コラーゲン研究のパイオニアが生んだ、関節をケアする新しいドリンク


2020.4.13

長年愛飲されている定番から革新的な新製品まで─ランナーに愛飲されるサプリメントについて、メーカー担当者から開発秘話をうかがうスポリートの“サプリメント図鑑”。第12回目は、『新田ゼラチン株式会社』から誕生したケアドリンク『RUNSHOT(ランショット)』にフォーカスします。※この取材は、2020年2月に行われました。

100年以上の歴史を持つゼラチンメーカーである新田ゼラチン株式会社。
コラーゲンに関する研究も積極的におこなっており、「コラーゲンペプチド研究のパイオニア」として知る人ぞ知るメーカーです。
今回は、そんな新田ゼラチンから2019年に登場したケアドリンク「RUNSHOT(ランショット)」にフォーカスします。

ランショットは、箱根駅伝常連校の城西大学男子駅伝部との共同開発によって生まれた製品です。
コラーゲンペプチドの力を活用し、トレーニング後に飲むことで関節ケアやリカバリーの促進を手助けしてくれます。
共同研究の経緯や、開発秘話、スポリート読者に向けたおすすめポイントを伺いました。

毎日のケアをケガの予防を手助けするコラーゲンペプチドのチカラ

──ランショット開発のきっかけを教えてください!

もともと当社は、城西大学薬学部医療栄養学科の真野教授とコラーゲンペプチドの関節・骨の共同研究を約10年間おこなってきました。
その研究によって、コラーゲンペプチドが、関節軟骨の保護や骨の健康維持に役立つことがわかっています。膝への効果では、変形性関節症患者への有用性があることが、臨床試験でも確認されています。

このことを知った城西大学男子駅伝部の櫛部監督から真野教授に、「選手の怪我が多いことに悩んでいるので、食事療法としてコラーゲンを活かせないか」と、5年ほど前に相談があったそうです。
そして、ともに研究をおこなっていた当社から、城西大学男子駅伝部にコラーゲンペプチドを提供させてもらうことになったというのが、ランショット開発の原点です。

実際に、駅伝選手にコラーゲンペプチドを摂取してもらったところ、関節膝の痛み軽減や怪我予防につながったことから、改めて臨床研究を実施しました。
その結果、膝状態の改善や筋肉分解の抑制効果などが確認できました。
そこで、一般の方にもお使いいただけるランナー向けの商品開発をしようということになり、ランショットの開発が始まりました。

──そもそも、コラーゲンペプチドはどうして関節によいのでしょうか?

軟骨組織の構成成分は、2型コラーゲン、グリコサミノグリカンやアグリカン、グルコサミンなどの多糖類が主です。
コラーゲンペプチドの「PO(プロリルヒドロキシプロリン)」と「OG(ヒドロキシプロリルグリシン)」という2つのペプチドには機能性成分の役割があり、多糖類(軟骨組織)の産生促進効果や、未分化軟骨細胞への分化促進効果などが確認されています。
また、軟骨は一度損傷されるとその修復に時間がかかることや、現状薬がなく痛み止めしか処方できないことから、健康食品の摂取意義は大きいと考えられています。
当社は創業100年を超える専業メーカーで、独自のコラーゲンペプチド「Wellnex®」の開発に成功していて、コラーゲンペプチドの力をより実感していただけるかと思います。

──ランショットを実際に使用した選手からの声で、印象的なものがあれば教えてください。

櫛部監督より、「ケガをする選手が激減している」という声をいただいています。「選手にはケガなく力を発揮してほしい」という櫛部監督の想いを叶えられる商品になってくれて、嬉しく感じているところです。
城西大の選手の皆さんは毎日飲んでくださっていて、膝の痛みの軽減や怪我の予防になっていると実感していただけているとのことです。

──スポリートの読者に向けたおすすめポイントはどんなところですか?

当初のターゲットは城西大駅伝部のようなアスリートでしたが、普段の生活の中で楽しみながら走っていらっしゃるランナーのみなさんにも効果を実感いただける商品になっているかと思います。
走ることは健康にも良いので、習慣として続けることが一番です。
でも、ケガをしてしまうとせっかくのランニングを続けられなくなってしまいます。実際に、ランナーのみなさんが走ることをやめてしまうきっかけのほとんどはケガだという統計結果もあります。
そこで、毎日のケアとケガの予防としてランショットを飲んでいただけば、膝などの痛みを感じずに元気に走り続けることのお手伝いになると考えています。

ランナーからのリアルな意見を反映した商品開発

──開発の際、工夫された点を教えてください。

実際のランナーのニーズを優先したことです。
城西大学男子駅伝部の皆さんに向けて、どのような形態のものを、どのタイミングで摂取したいか、量はどれくらいがいいか、どんな機能や成分が含まれているとうれしいか、などの要望を細かく調査しました。
その結果、「粉末だと水と一緒に飲むのが面倒」「ゼリー状だと、きつい練習の後に喉を通らない」「BCAAやクエン酸など、疲労回復を助けてくれる成分を入れてほしい」などの意見があがりました。
そこで、ランショットは完全液体という形態にすることを決め、BCAAやクエン酸といったリカバリー成分も配合することになりました。
ランナーたちのリアルな意見を反映したことによって、摂取しやすい商品になったと考えています。

──開発中、苦労されたのはどんなところですか?

味は、議論の的になったポイントです。
ランショットにはクエン酸が配合されていることもあり、酸味のあるシトラス味に仕上げているのですが、社内では「すっぱすぎる」という意見があがったこともありました。
ですが、城西大駅伝部の皆さんにも試飲いただいた結果、走ったあとに飲むと酸味が強めのほうがおいしく感じる、という意見が多かったため、最終的に現在の味になりました。
完成後も味についてはランナーのみなさんに好評いただいているので、ここでもランナーの意見をもとに開発をおこなってよかったと感じている点です。

──おすすめの飲み方があれば教えてください。

摂取のタイミングはトレーニング終了時がおすすめです。
良い結果の出た臨床試験も、運動後の摂取を条件におこないました。また、ランショットには1日のコラーゲンの推奨摂取量である5000mgが含まれているので、基本的には1日1本飲んでいただければ大丈夫、という想定でつくられています。 城西大の選手のなかには、「寝る前に飲むと次の日のパフォーマンスがよくなるように感じる」という方もいて、自分に合った摂取タイミングを探りながら使用してくださっています。
私自身も週に1回ほど、少しですが走っていて、走る前に摂取することもあります。私個人の感想ですが、走る前に飲むと、少し長く走れるような気がするんです。
このように、トレーニング後の摂取を想定した商品ではありますが、ご自身に合う摂取方法も探してみていただければと思います。

──今後、ランナーに向けた商品展開でイメージされていることがあれば教えてください!

現在、当社から発売されているランナー向けの製品はこちらのランショットのみですが、今後もさらに筋肉や美容などにも良い影響をもたらす商品を展開できればと思っています。
たとえば、コラーゲンは肌に良いというイメージはみなさん持っているかと思うので、「走るとさらに美容効果を実感できるコラーゲン製品」などを実現できれば、それをきっかけにランニングを始める人も増えそうで、面白いですよね。
今後も、100年以上コラーゲンを扱い、研究開発をおこなってきた当社の強みを活かして、健康に訴求できるような商品を広げていけたらと考えています。

読者限定『ランショット』10%OFF

この記事を読まれた方だけに読者限定『ランショット』10%OFFクーポンを進呈いたします。商品をカートに入れた後、下記のクーポンコードを入力頂きますと表示価格よりさらに10%お値引きいたします。

読者限定『ランショット』10%OFF

クーポンコード:967103

この記事でご紹介した商品


記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【サプリメント図鑑vol.12】新田ゼラチン『RUNSHOT(ランショット)』編─コラーゲン研究のパイオニアが生んだ、関節をケアする新しいドリンク

あわせて読みたい