ランニングタイツを取り入れるメリット



近年、各メーカーから様々な機能のランニングタイツが販売されているのをご存知でしたか?元々は冬の寒さ対策として活用されていたランニングタイツですが、近年は男女問わず多くのランナーに愛用されています。

ランニングタイツは、ハイスペックなものから初心者にお勧めのモデルまで多種多様ですが、主なメリットは、疲労回復・疲労軽減機能があること、関節のサポート機能があること、皮膚の保護機能があることですが、その他にも温度調節効果やメンタル面でのプラス効果もあります。ランニングタイツをあなたのランニングシーンに取り入れるメリットを具体的にご紹介しましょう。ご自身の目的や好みに合ったものを選ぶのも楽しいですね!

疲労回復・疲労軽減

コンプレッション(着圧)タイツはその名の通り、太ももとふくらはぎに適度な圧力を与えて筋肉ポンプが正常に作用してくれることをサポートする効果があります。適度に圧力をかけると運動時の筋肉の揺れを押さえることができエネルギーロスを減らすことができます。 ランニング中にコンプレッションタイツを着用することで、筋肉疲労を抑え、長距離を走ることができ、ランニング後の疲労回復の早さが違うという効果も得られます。 さらに、足首→ふくらはぎ→太ももと段階的に圧迫力を変えて血流を良くすることによって疲労回復を促す効果がある着圧ランニングタイツもあります。

関節・筋肉のサポート機能

ランニングタイツの2つめの効果は、関節・筋肉のサポートです。骨盤をしめることにより体幹を安定させ、股関節から腰回りの筋肉や体幹をサポートし、姿勢改善や安定感を高めることで疲労や腰痛の軽減が期待できます。また、テーピングの原理で筋肉をサポートし、膝の負担を軽減してくれる効果があるタイツもあります。

皮膚の保護機能

最後にご紹介するのは、ランニングタイツの紫外線カットによる日焼け防止効果です。すべてのランニングタイツで得られる効果ですが、生地の厚さ、特性、質が様々ですので季節に合ったものを選んでください。

温度調節効果

ランニングタイツの多くは、吸湿速乾性に優れたポリエステル素材が使われたものが多く、夏の暑い時は汗を吸収発散する際に体温を下げてくれる効果を発揮し、冬の寒い時は冷たい風を遮ってくれるため、素足と比べると寒さを感じさせません。

メンタル面でのプラス効果

ランニングでパフォーマンスを発揮するためには、メンタルのコントロールも重要です。充分に練習を積んでいる、ウエアも自分に合う機能のものを選んでいるという、万全の体制で挑んでいるという気持ちを持てることも1つの効果でしょう。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニングタイツを取り入れるメリット


ページトップへ