ジョギングに最適な時間帯



ジョギングを始める際、「いつ走ろう?」と悩む方は多いのではないでしょうか。気の向いた時に走るのが気まま、確かにそう。ですが同じ距離を走るなら、効果的な方がよりお得。早朝や空腹時、寝る前か。効果を最大限に活かせるタイミングをお伝えします。

前準備がほぼなく、思い立った時に始められるのが魅力の「ジョギング」。ダイエットや体力作りなど、さまざまな理由で始められる方が多いですよね。外の空気を吸いながら、気ままに走るのも良いのですが、より確実に効果を得たいのなら、いつ走るか、そのタイミングが要となってきます。思いつきで走る前に、さまざまな効果を得られる時間帯を知り、より意味のあるジョギングをしてみましょう。

1日のうち効果的な時間帯は「朝」か「夜」

朝、昼、夜、どの時間でも良いと考えがちですが、蒸し暑い時期は特に「朝」と「夜」がおすすめです。夏の日中は高温多湿で身体への負担が大きく、ジョギングをするには不向き。それに引き換え早朝や夜は、昼間の高い温度が落ち着き、快適に走ることができます。

ダイエット中の方には「早朝ジョギング」を

朝食前のジョギングは、血糖値が最も低い状態。この状態で有酸素運動をすると、血中の糖をエネルギーとして使うため、脂肪が燃えやすく、ダイエットを意識している方には効率のよいものとなります。とはいえ、早朝にいきなり寝起きで走るのは低血糖でめまいを起こす原因に。転倒する危険もあるため、しっかりと水分を補給し、充分気を付けて行ってください。

「夜ジョギング」はストレス解消効果あり

仕事終わりのジョギングは、ひたすら自分の世界に入りながら走れる、自分を見つめられるタイミングです。嫌なことがあったりストレスを感じたりした日は、今日という日をじっくりと振り返りながら走るのもよいでしょう。次の日に気分を持ち込むことなく、流れる汗とともに、すっきりとできるでしょう。

安眠効果の「寝る前ジョギング」

夜はぐっすりと眠りたい方には、体温の温度差を利用した「寝る前ジョギング」が効果的。人は休息時に体温が下がり、眠気が来ます。この効果を利用するのです。就寝の1~2時間前にジョギングをすることで体温を上げ、快眠や安眠効果への道筋を作ります。

ジョギングに最適なのは、食べた後か

空腹時の運動は身体に良くない、との説もあり、また、食べた後に走るとお腹が痛くなって…という方もいらっしゃいますよね。体質的にどうしても、という方は仕方ないですが、じつはどちらも、目的に合わせた効果を期待できます。また「早朝」や「夜」の時間帯と組み合わせれば、さらに効果的なので、ぜひ参考にしてみてください。

筋肉が落ちないタイミングは「食後」

体力作りをメインと考える方には、血中糖分を先に消費され、筋肉エネルギーを使わず筋肉量が落ちない、食後の時間帯がおすすめです。もちろん、食後すぐは胃に負担がかかるので、消化が落ち着く約1時後に、ジョギングを開始してください。

「空腹時」は脂肪燃焼が最も高い

「早朝ジョギング」のところでも述べたように、朝食前の血糖値が一番低くなっています。朝食前だけでなく、夕食前などの空腹状態でも同様で、身体が血液の中にある糖をエネルギーとして使いたくても、糖がない状態のため、代用として脂肪をエネルギーとして使うようになります。そうすることで効率よく脂肪が燃焼され、ダイエットに効果的なタイミングとなるのです。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ジョギングに最適な時間帯

あわせて読みたい




ページトップへ