荷物が邪魔にならないランニング用バッグ



ランニングをする時はできるだけ身軽でいたいもの。この記事では、鍵やスマホなど必要最低限の荷物をコンパクトに持ち運べて、なおかつ邪魔にならない機能的なバッグについて、お伝えします。ランニングバッグ選びにぜひ役立ててくださいね。

ランニングをする時にはどんなバッグを選べば良いのでしょう。ランナー、一人ひとりの走る距離やシチュエーションによって選ぶべきバッグも違うはず。あなたの走りには、どんなバッグがぴったりなのか一緒に考えてみませんか。

ランニング用バッグの種類

ここではランニング用バッグの主な種類についてご紹介していきます。ぜひご自分のランニングスタイルにぴったりのバッグを選ぶ参考にしてください。

ベルトタイプ

ベルト状のポーチです。鍵や携帯など必要最低限の荷物を入れ、身軽に走りたい方にお勧めです。メリットは何といっても抜群のフィット感とスマートな見た目。ボディーにぴったりと密着するので軽快に走れます。短距離、短時間のランニングにぴったりです。サイズ調節ができない物もあるので、購入する場合は、ご自分のサイズに合ったものを選びましょう。

アームバンドタイプ

腕に巻いて使うバッグです。ベルトタイプと同様、荷物の少ない短距離ランナーにお勧めです。お洒落な見た目とフィット感、走りを邪魔しにくい携帯性がポイントです。ケースの上からスマホを操作できるものも多いため、ランニングアプリを使いたい方や音楽を聴きながら走りたい方にお勧めです。ウエストポーチなどと比べ、比較的ロープライスでの購入が可能です。

ウエストポーチタイプ

ウエストに巻き付けて使うバッグです。すっきりとしたフォルムのコンパクトサイズから、タオルやペットボトルまで収納できるミドルサイズのものまで、サイズも種類もバラエティーに富んでいます。仕切りポケットが付いて荷物を分けて収納できるものや、ペットボトルホルダーが付いているものなど、好みに合わせて選ぶことができます。短距離から中距離ランナーにお勧めです。

リュックタイプ

長距離を走りたい方、通勤時間の一部をランニングに充てたい方などにお勧めのバッグになります。荷物をたっぷり収納できるので、ランニングだけでなく、ウォーキングやサイクリング、アウトドアなど様々なシーンに使えます。

ランニングバッグ選びのポイント

ランニング用のバッグを選ぶ時は、以下のポイントに気をつけましょう。

収納力

自分のランニングスタイルに合った荷物がきちんと入るか。音楽を聴いたり、アプリを利用したりして走る方は、自分のスマホや携帯プレーヤーがきちんと収納できるかをチェックしましょう。

フィット感

自分のサイズに合わせ、ベルトなどで微調整ができるバッグを選びましょう。サイズ調整ができないベルトタイプのバッグなどは、サイズを良く確認してから購入しましょう。

機能性

荷物の取り出しやすさや、収納のしやすさはどうか。スマホを使いたい方なら、バッグに入れたままでの操作が可能か。ペットボトルやドリンクボトルなどを利用したい方は、ホルダーが付いているかなどを良く確認しましょう。またリュックタイプのバッグでは通気性や、汗をたくさんかいた場合の防水性、夜間に走る方では反射材などが付いているかもチェックしておきたいポイントです。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

荷物が邪魔にならないランニング用バッグ

あわせて読みたい




ページトップへ