ランニングで大活躍のブレスレット ベスト5



腕や頭に着けて運動量や食事のカロリーを記録するウェアラブル端末はランニングにも大活躍してくれます。メガネ型やブレスレット型が主流となっています。今回はランニングで大活躍するブレスレットをご紹介します。

運動量やカロリーを記録したいけど、いちいち自分で書いたり、パソコンに入力したりするのはちょっと面倒ですよね。そんな方たちに非常におすすめなのがウェアラブル端末です。これは腕や頭につけて利用できる端末のことで、メガネ型やブレスレット型が人気。アプリと連動することで自動的に様々な情報も記録してくれます。今回はランニングにおススメのブレスレットをご紹介します。

ランニングにおススメのブレスレット

ランニングする方は運動量、走行距離、タイム、カロリーなど、色々な情報を記録したいと思っていると思いますが、自分で記入したり入力したりするのは面倒ですよね。今主流となっているブレスレットタイプのウェアラブル端末ならランニングに必要な情報を記録してくれるので非常に便利。しかもオシャレです。では、どのようなブレスレットがあるのでしょうか?

Nike+ FuelBand

Nikeのブレスレットはスタイリッシュなのはもちろん、機能も充実しています。「Fuel」とは「ランニングから日常生活まであらゆる動きをカウントする活動量の共通単位」を指す言葉で、日、週、月単位のゴール達成状況が表示でき、歩数計、時計機能もついた優れものです。表示は見やすいLEDで、設定したゴールを達成するとお祝いのメッセージも表示されます。

LETSCOM スマートブレスレット

シンプルでデザイン性に優れたスマートブレスレットです。移動距離、カロリー消費量を測定できるだけでなく、長時間座っているとアラートで注意喚起してくれる機能もついています。時計機能もあるので、ランニングだけでなく、普段使いもOKです。

TINCINT スマートブレスレット

GPS機能はついていませんが、心拍数、活動量が計測できます。Bluetoothでスマートフォンとの接続でランニング中でも着信を確認できます。遠隔カメラ機能もついています。細身のブレスレットですが、時間の縦表示ができるので視認性バツグンです。

Gaddy スマートウォッチ/スマートブレスレット

心拍計、血圧計が付いているのでランニングにおススメのスマートブレスレット。防水機能があるので、ランニング後シャワーを浴びる時もはずさなくても大丈夫です。時計としても使えますし、座りすぎのアラートもあるので、運動不足の方も使ってみてはいかがでしょうか。

Noblesh スマートブレスレット

歩数計、心拍計機能がついたスマートブレスレットで、お値段も5,000円以下と手頃です。充電サイクルは5~10日あるので、充電を忘れがちな方でも安心して使えるのではないでしょうか。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニングで大活躍のブレスレット ベスト5

あわせて読みたい




ページトップへ