ジョギングとウォーキングの消費カロリー



ダイエットしたい方にとって比較的始めやすいのがウォーキングやジョギング。どちらも有酸素運動なので健康に良さそうですが、カロリー消費量はどちらが多いのか気になりますよね。カロリー消費量に目を向けつつ、効果的な運動についてお話します。

ダイエットの方法は食事制限やサプリメントなど色々ありますが、やはり一番効果的なのは運動です。中でも始めやすいのがウォーキングやジョギングです。街でも涼しい時間帯になるとおしゃべりしながらウォーキング、ジョギングしている方たちを見かけますよね。では、この運動どのくらいカロリーを消費しているのか気になりませんか?

ダイエットにはジョギング?ウォーキング?

痩せたい!と思ったらやはり身体を動かすのが一番。ダイエットに効果があるという有酸素運動のジョギング、ウォーキングをおススメします。でも、ダイエットを考えている人にとって気になるのが、運動のカロリー消費量ですよね。ジョギングとウォーキングなら、運動のキツそうなジョギングの方が消費するカロリーは多そうですが、実際はどうなのでしょうか。

ジョギングのカロリー消費量

一口にカロリー消費量といってもその人の体重によって違ってくるので、正確な数値を出すのは難しいのですが、例えば体重60キロの人がジョギングした場合、30分で消費するカロリーは、240キロカロリーほど。そう大きな数値ではないのです。

ウォーキングのカロリー消費量

ジョギングに比べて運動量の少ないウォーキングの場合、体重60キロの人が30分行った場合のカロリー消費量はなんと95キロカロリーほど。数字だけみると、ジョギングやウォーキングでダイエットなんて無理!って思いませんか?

毎日続けることが大切!

他の運動に比べてカロリー消費量の少ないウォーキングやジョギングですが、毎日続けること、習慣化することがなにより大切です。有酸素運動の特徴は「弱い力で長時間行う」、「会話しながらでもできる」、「深い呼吸をしながら行う」という点で、これなら激しい運動よりも毎日続けやすそうですよね。

毎日続けて体質改善

運動を習慣化することによって、脂肪が燃えやすい体質に変わっていくことが分かってきています。生活習慣病の予防にもつながるといわれています。それだけではなく、ウォーキング、ジョギングのような有酸素運動には「骨の強化」、「心肺機能の改善」、「ストレスの発散」といったメリットがたくさんあるのです。

効果の高いスロージョギングがおススメ

スロージョギングとは、歩くくらいの速度でゆっくり走ることです。同じ時間、同じ速さならスロージョギングの方がウォーキングに比べて1.6倍のカロリーを消費でき、2倍の脂肪を燃焼できるそう。コツは自分が普段歩くくらいの歩幅をポンポンとリズムよく跳ねるようにジョギングすることです。無理せず毎日続けることで健康的な身体をゲットしましょう。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ジョギングとウォーキングの消費カロリー


ページトップへ