アンバサダーリポート「1000mのインターバルに『ベータアラニン』を試してみました」


2020.7.9

はじめまして!スポリートアンバサダーのmasaです。 1000mのインターバルに「ベータアラニン」を使用しましたので、レポートしたいと思います。

私は中学、高校と陸上部に所属し、中長距離を専門にやっていました。その後20年近く間が空いて、今年からまた走り始めました。
ランニングを再開するにあたり、今の身体の状態や生活環境の中で、タイムを伸ばすためには学生時代よりもより効率的に走る必要があり、練習方法や効果的なサプリメントを徹底的に調べました。
そんな中、持久力向上などに効果のあるベータアラニンという成分を見つけました。ただ、出てくるのは外国製のものばかり。それもそのはず、調べたら昨年国内解禁されたばかりの成分でした。やはり安心のため、日本製のベータアラニンサプリメントを探していました。そんなときに、スポリートさんのサイトでこちらのサプリを発見し、これだ、と早速試してみようと思いました。

このサプリは水などにも溶けやすいので、非常に飲みやすかったです。
摂取後30分ほどで、腕がピリピリとしてくるのに気付きました。これがアラニンショックかと少し感動(笑)。
このピリピリ感は個人的には全然気にならないレベルで、走るのに全然支障はなかったです。

今回、ベータアラニンを使用して、1000mのインターバルを2週間で2回行いました。
1回目はベータアラニンを初めて使用した時で、2回目はその後の練習で継続して使用し2週間後に再びインターバルを行った時です。
と言うのも、このベータアラニンは継続して使用することにより効果をより実感できるようなので、初回利用と継続利用の効果を比較したいと思ったからです。

2回ともインターバルの設定は同じで、
1000m×5本(タイム3'45設定) リカバリー200mジョグ
です。

1回目
走行タイム : 3'46-3'50-3'45-3'45-3'42
リカバリータイム : 2'06-2'21-2'36-2'48

2回目
走行タイム : 3'53-3'46-3'46-3'46-3'42
リカバリータイム : 1'15-1'20-1'34-1'31

今の自分の走力では3'45設定は、かなり挑戦したタイム設定でした。2回とも多少のペース誤差はありましたが、後半もペースが落ちることなくこなすことが出来ました。後半バテやすい自分にとっては1回目から効果を実感です。
そして、注目すべき点は、リカバリータイムの差です。1回目はリカバリーを長くして、なんとか設定タイムで走り切った感じでしたが、2回目はかなり余裕を持って走り切ることが出来ました。練習後の疲労感も1回目より少なかったです。 継続して使用することで、効果がより上がることを実感しました。

今後もぜひ持久力向上、パフォーマンス向上のため、継続的にこのベータアラニンを使っていこうと思います。

読者限定『ミナト製薬』10%OFF

この記事を読まれた方だけに読者限定『ミナト製薬』10%OFFクーポンを進呈いたします。商品をカートに入れた後、下記のクーポンコードを入力頂きますと表示価格よりさらに10%お値引きいたします。

読者限定『ミナト製薬』10%OFF

クーポンコード:713764

この記事でご紹介した商品


記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

アンバサダーリポート「1000mのインターバルに『ベータアラニン』を試してみました」
Spoleteマラソンアンバサダー
masa  [記事一覧]

学生時代は陸上部で中長距離を専門にしていました。
その後、35歳を過ぎて再び走る魅力に取り憑かれ、学生時代よりも走りに情熱を燃やしています。
全日本マスターズ陸上入賞やマラソンサブ3達成を目指していきます。
masa

あわせて読みたい