【ランニングイベント体験記】託児ランイベントでパパもママもランデビュー!



スポリートマラソンアンバサダーのayameです。今日は子どもを保育士さんに見てもらっている間に、プロのランニングコーチに教えていただきながら、多摩中央公園をみんなで走れる「託児ランイベント」を体験してきました!

保育室に子どもを預ける

イベントの集合場所は、「ココリア多摩センター」。東京都多摩市の「多摩センター駅」から徒歩5分の場所にある商業ビルです。この建物の7階にあるのが、「コワーキングCoCoプレイス」です。手前がコワーキングスペース、奥の部屋は保育室になっています。
普段は保育室にお子さんを預けて、コワーキングスペースで仕事をするパパ、ママが多いのだとか!

最初に、保育室(CoCoプレイス保育室)で子どもを預かってもらいます。2018年4月に開園した保育室は、大きな窓から多摩センターの街も見渡せる、明るくて清潔な空間です。

子どもを預けた後は、パパとママは走れる服装に着替えます。外の広場で集合し、すぐ近くの多摩中央公園まで移動しました。

パパとママはランニング

このイベントでは、プロのランニングコーチがレクチャーして下さいます。また走る距離が約3kmと短いので、走るのは久しぶりな人、ランニングが初めての人も、無理なく走れそうです!

今回、教えて下さるのは、コアランニングスクール(東京・多摩)コーチングスタッフの、幅野典子コーチです。

まずは、ケガをしにくいシューズの履き方を習います。自己流で結んでいた靴紐をいったん緩め、一から結びなおしていきます。

できているか、一人ひとり見て下さいました。わからないことがあっても、質問しやすい雰囲気です。

シューズの靴紐をしめたら、次はストレッチ!走る前に行うストレッチの重要性、このストレッチは何のために行っているのかをしっかりレクチャーしていただけます。

しっかり身体が温まったところで、いよいよ走ります!

ストレッチでは、どこをほぐせばケガをせず楽に走れるか詳しくお話を聞くことができました。そしてストレッチが終わり、いよいよランニング!

みんなで多摩中央公園の外周を回りました。距離も3kmと長くないので、ランニングが終わった後は 再びストレッチで、クールダウン。

ココリアに戻り、普段着に着替えた後は、保育室へ子どものお迎えです。

大人が走っている間、子ども達は保育室で自由遊びをしたり持参したおやつを食べたり、保育士さんと一緒に工作をして過ごしていたそうです。

保育室へお迎えに行くと、子どもたちは、パパ、ママに「がんばったね!」とメダルをかけてくれました!

子どもと合流した後は、同じ建物内にある「おしごとカフェ」でドリンクタイム。子ども達同士もすっかり打ち解けたようす。
保育室では保育士さんが見ていて下さいますが、その間にメダルをつくってくれていたんですね。

こんなイベントからなら、ランニングを始められるかも!?

子どもが一人で留守番ができないうちは、ランニングをやってみたくても、時間をつくることから一苦労という人もいるのではないでしょうか。そんな方に、このイベントをぜひおすすめしたいです。保育室で少しのあいだ子どもを預かってもらい、気持ちよく走れば気持ちもリフレッシュ!ちょっと始めてみませんか?

【お知らせ】2019年3月16日(土)に次回託児ランイベントを開催します!

取材協力

株式会社キャリア・マム

コワーキングCoCoプレイス
〒206-0033 東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター7階
TEL:042-400-6975(10:00~17:00)

おしごとカフェ
〒206-0033 東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター5階
TEL:042-313-7730 (カフェのご予約・お問い合わせ)
   042-389-0220 (ホールのご予約・お問い合わせ)

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【ランニングイベント体験記】託児ランイベントでパパもママもランデビュー!
Spoleteマラソンアンバサダー
ayame  [記事一覧]

3歳の息子を子育て中の40代兼業主婦。中学高校は帰宅部、短大時代はヨット部幽霊部員。スポーツ観戦が大好きな運動音痴。人生の折り返しに無謀なことにチャレンジしたいと思い、フルマラソン完走を目標にする。
ayame

あわせて読みたい




ページトップへ