雨のランニングで注意しておきたいこと



せっかくランニングしようと思っていたけど雨が降っているからやめておこう、と思う方が多いと思いますが、それはもったいない!いくつかのポイントに気を付ければ雨の日でもランニングを楽しめます。雨の日のランニングの注意点をご説明します。

今日は雨だからランニングはやめておこう、と走るのをあきらめていませんか?無理して毎日走る必要はありませんが、雨の日が続くとせっかく伸びてきたタイムが遅くなってしまうかもしれませんし、筋力も落ちてしまうかもしれません。注意点を頭に置きながら雨の日もランニングを楽しんでみませんか?

雨でもランニングをあきらめないで!

雨だからといって走るのをやめる必要はありません。たしかに道のコンディションは若干悪いかもしれませんが、普段より自転車や歩行者が少ないといったメリットもありますし、なによりコンディションの悪い時に走った経験が大会で走る時の自信にもなります。注意点に気をつけて雨の日のランニングを楽しみましょう。

体を冷やさないように万全の対策を

雨に濡れると体が冷えてしまいます。その状態で走ると体に余計な力が入ってしまって 怪我をしてしまったり、風邪をひいてしまったりするので、雨の日のランニングでは撥水性の高いレインウェアを着るようにしましょう。また、フード付きのウェアを選べば首元から雨が入るのを防ぐことができます。

雨の日は視界の悪さを考慮して

雨の日は視界が悪くなりがち。足元が見えにくいのでつまずいて転んだり、歩行者にぶつかったりする恐れもあります。逆に考えれば、相手からも自分は見えにくいということ。実際雨の日は事故も増えます。車や歩行者から認識してもらえるよう、黒っぽいウェアは避けて明るい色を選びましょう。ランニング中に靴に付けたり首からかけたりするライトもあります。

滑りやすいので足元に注意

雨の日はただでさえ道路が滑りやすくなっているうえにランニング中は前傾姿勢になるので転倒しやすくなっています。また、マンホールや排水溝の鉄板、横断歩道の白線など、滑りやすいところがいたるところにあります。滑りやすいところを避けて走るようにしましょう。トンネルの中を通るランニングコースを考えておくのもおすすめです。

ランニング後の準備もしっかりと

雨の日に走った後はウェアも濡れています。そのままにしておいては風邪をひいてしまいます。すぐに拭けるようタオルの準備は必須。また、濡れたまま家に上がっては床が濡れてしまいます。出かける前にタオルを玄関に用意しておくのもいいかもしれません。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

雨のランニングで注意しておきたいこと

あわせて読みたい




ページトップへ