疲れを溜めないランニングのポイント



ランニングは筋肉が激しく伸縮するので疲れが溜まりやすいスポーツと言われています。長くランニングを続けるためには「疲れを溜めない」ことが大切。ちょっと意識を変えるだけで疲れを溜めないランニングができるようになりますよ。

ランニングは筋肉が激しく伸縮するので、身体への負担もそれなりにあり、疲れが溜まりやすいスポーツです。疲れはランニング後のケアでとることもできますが、姿勢や走り方に気を付けるだけでも疲れ方がだいぶ違います。では、疲れを溜めないためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

疲れを溜めないために気を付けること

疲れを溜めないようにするには走るペースも大切ですが姿勢も大きなポイントになります。ちょっとしたことですが、そこに気をつけるだけで走りやすくなり、疲れも溜まりにくくなるので、ランニング中は姿勢に気を向けてみましょう。

10~20メートル先を見て走ろう

ランニング中は10~20メートル先を見て走るのがいいとされています。下を向いて走ると、首から上が体幹よりも前へ出てしまって猫背になってしまい、余計な筋肉まで緊張してしまうのです。疲れると目線が下がりがちですが、疲れている時こそ、前をしっかり向いて走ることが後々まで疲れを溜めないランニングのポイントです。

足の接地はつま先から

足をつま先から地面につけるようにしましょう。足が地面についている時間が短ければ、筋肉への負担が減って疲れにくくなるからです。できれば身体の重心の真下に足を着けるのがベストです。

ランニングウェアを活用しよう

見た目から入るのは格好悪いと思っていませんか?特に初心者の方はそう考えがちですが、今はおしゃれなだけではなく、ランニング用に特化した優れた機能のついたウェアがたくさんあります。そのようなウェア活用して疲れを溜めないようにすることも大切です。

ランニング用のタイツ、レギンスを着用しよう

腰、骨盤、筋肉をしっかりサポートするランニング用のタイツ、レギンスなどが各メーカーから出されています。機能が充実していて、筋肉、関節へのサポート力が高く、疲れをとるリカバリー力が優れたウェアもあります。寒さ対策、日焼け対策にもなりますよ。

ランニング用のシューズを履いて走ろう

靴なら何でもいいと思っているのは大間違いです。普通のシューズでは接地の時の足への負担が大きく、疲れが溜まるだけでなく、怪我や故障に繋がる恐れもあります。ランニング用のシューズは通気性もよく不快感がないだけではなく、クッション性も高く、足への負担を軽減する設計になっていますのでランニング用シューズを履いて走りましょう。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

疲れを溜めないランニングのポイント


ページトップへ