ランニング用給水ボトルおすすめ5選



日々のランニングに欠かせない水分補給。最近は機能性だけでなくデザイン面もこだわった、おしゃれな給水ボトルも多数販売されるようになりました。自分のスタイルや好みにあったボトルを選んで、ランニングライフをより楽しみましょう!

現在、さまざまなデザインや機能をもったランニング用の給水ボトルが販売されています。軽さや握りやすい形状、手軽に保水できること、洗浄などが安易に行えること、保温できる、耐久性、などなど。これらの中から自分のスタイルにあったボトルを選ぶには、何を重用視するかを見極めることが大切です。

ランニング用給水ボトルおすすめ5選

一口に給水ボトルと言っても、その形や機能性はさまざまです。ここでは定番からちょっと変わったものまで、5種類の給水ボトルを紹介します。

機能性重視。ナイキ(NIKE) スクイズボトル N600

容器をぎゅっと絞る(squeeze)ことにより中身を取り出すタイプの給水ボトルです。ふたの開閉動作が不要なので、スピーディーに水分補給を行え、かつ飲み口に直接触れずに給水できるため、衛生面も安心です。グリップに滑り防止のためのラバーパネルが使用されており、片手でも滑りにくい構造になっています。機能性を重視する方に特にオススメです。

2重構造+保冷素材で2倍の保冷性。キャメルバック(CAMELBAK) ポディウムチル レースエディション

2重構造と保冷素材で2倍の保冷性をもつ給水ボトル。暑い日でも飲料の冷たさを長時間キープしてくれます。熱湯には対応していませんが、飲める程度の温度の温かい飲料の保温も可能。自動で開閉するジェットバブル機能で、ボトルを軽く握ったり、給水口を吸ったりするだけで簡単に給水ができます。機能性と保冷性を兼ね揃えたボトルです。

ミスト機能付き!リビング&ギビング(Living&Giving) ウォーターボトルミストボトル両用

ミスト(冷感)とウォーター(水分補給)を備えた給水ボトルです。飲み口付近にあるレバーを引くとミストが噴出する仕組みが組み込まれている、変わった給水ボトルです。ランニング後のクールダウンに活躍するだけでなく、暑い時期の屋外の作業時など、さまざまなシーンで使用できます。飲み口の開閉は片手で簡単にできるため、ストレスを感じさせません。

優れたフィット感 シンプルハイドレーション・ボトル

ランニングショーツやタイツのウェストベルト、ポケットにぴったりフィットして収まるユニークなスタイルの給水ボトルです。アメリカのランナーに大人気のボトルで、ハンドボトルとして使用しても持ちやすい形状です。優れたフィット感で揺れや重さを感じさせることなく使用できるため、ストレスなく持ち歩くことが可能です。

日常使いにも。アボインカラーライフ(AVOIN colorlife) スポーツボトル

プラスチック製の軽量なボトル。本体は半透明でメモリも付いており、残量が一目でわかります。ふたは片手でも簡単に開閉させることができ、簡単に給水が可能です。耐熱温度は94℃~100℃、耐冷温度は-7℃以上のため、温かい飲み物を入れても、氷を入れても使用出来ます。形状はシンプルなボトルタイプ。ランニングだけでなく、どんなシーンにも使用できる、使い勝手の良いボトルです。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニング用給水ボトルおすすめ5選

あわせて読みたい




ページトップへ