ランニング後は温泉につかろう!温泉ランステのススメ



こんにちは。アンバサダーの齋藤未奈子です。夏の暑さも和らぎ、本格的なスポーツシーズンがやってきました。さて、前回のダイエット記事からランナー気取りの私は、仕事の合間にランニングに関する記事を漁っています。そして見つけたのが、ランニングステーション、略してランステです。ランナーたるもの一度は利用してみたいとランステについて調べていると、温泉ラン、風呂ランというワードが出てきました。これは温泉好きの私にはたまりません!早速、取材してきました。

1章:そもそもランニングステーション(ランステ)とは?

ランニングステーションは、ロッカーやシャワールーム、休憩スペースなどを備えたランナー向けの施設で、ランナーの間ではランステとして幅広く知られています。主にオフィス街やランニングスポットの周辺にあり、タオルやシューズ、ウェアなど、ランニングに必要なグッズをレンタルできます。ランステを上手に活用すれば仕事の行き帰りや、自宅から遠く離れたランニングスポットなどで、思い立ったらすぐにランニングが楽しめちゃう、ランナーにとって魅力いっぱいの施設なのです。

入浴施設のランニングステーション、『温泉ランステ』について

銭湯、スーパー銭湯、日帰り温泉施設などが行っているランニングステーションは、温泉ラン、風呂ラン、銭湯ランニングなどと呼ばれています。統一した呼び名がないなら作ってしまおう。今回は『温泉ランステ』と命名します。一般的な利用方法は、入浴券を購入→ロッカーで着替え&荷物を預ける→ランニング→お風呂。の順番です。

スーパー銭湯のランニングステーション

スーパー銭湯の場合『ランナーズステーション』の名称が一般的のよう。こちらも入浴券を購入→ロッカーで着替え&荷物を預ける→ランニング→お風呂の順番です。スーパー銭湯は、お風呂の他にマッサージやお食事処などを併設していることが多く、ランナー次第で幅広い使い方ができそうです。

温泉ランステとランニングステーションとの違いは?

オフィス街などにあるランニングステーションは、スポーツメーカーやフィットネスクラブが運営していることが多く、ランニンググッズのレンタルはもちろん、シューズの選び方や走り方などを専門のアドバイザーに聞くこともできます。しかし、その専門性の高さゆえ、ビギナーランナーにとっては、入るのに少し勇気がいる印象です。また、ロッカー数に比べてシャワー数が少ないので、混雑時にはシャワー待ちがある場合も。一方、入浴施設が運営する温泉ランステは、子供から大人まで誰もが利用できる入浴施設が主体なので、初心者でもあまり気負わずに利用できるのがいいですね。
ロッカーやシャワーの数も豊富で、シャワーのあとはお風呂にゆったり浸かることができます。ただし、シューズやウェアなどのレンタルはしていないためランニンググッズは持参する必要があります。

2章:温泉ランステの実情は? 突撃取材&体験編

百聞は一見に如かず! と、いうわけで、今回は大阪で人気のランニングスポット『万博記念公園』のすぐ近くにある、『源気温泉 万博おゆば』の温泉ランステを突撃取材&体験してきました。

源気温泉 万博おゆばについて

関西屈指を誇る広い露天風呂を中心に、地下700メートルより汲み出した100%天然温泉の『大地の湯』や高濃度炭酸泉など、大阪で本格的な温泉を楽しめるスーパー銭湯です。清潔感あふれる施設内には、お食事処やリラクゼーション、野菜・果物直売所などがあり、子供から年配の方まで人気の温泉施設です。

源気温泉 万博おゆばの温泉ランステについてインタビュー

それでは早速、万博おゆばの温泉ランステについて聞いてみます。今回は、万博おゆば副支配人の高松さんにお話を伺いました。イケメンです!

―万博おゆばでランナーズステーション(以後温泉ランステ)を始めたきっかけは、なんだったのですか?
当施設は、ランニングの名所で有名な万博記念公園に隣接しています。緑豊かなコースを走りたいと、遠方からはるばる訪れるランナーの皆さんの『荷物ロッカーが欲しい』『汗を流したい』などのニーズにお応えしたいという思いから、ランナーズステーションを始めました。

―万博おゆばのランステの使用方法を教えてください。

基本は通常の入浴方法と変わりません。受付横の券売機で入浴券をご購入いただき、フロントにチケットを渡して脱衣室で着替えを済ませます。ランニングに不要なものはロッカーに預け、フロントで温泉ランステ利用と伝えてください。簡単なメモ用紙に、ご連絡先とお名前をご記入いただいてロッカーキーを預けたらランニングへ出発です。おすすめは万博記念公園外周です。道幅も広く、太陽の塔やエキスポシティの大観覧車、サッカースタジアムなどを眺めながら走れます。ランニング後はフロントでロッカーキーを受け取り、おゆば自慢の温泉でゆったりと疲れを癒してください。

―温泉ランステを利用するお客さんはどんな方たちですか?

20代から50代まで幅広い世代の方にご利用いただいています。特に土日の午前中は、ご夫婦やカップルでご利用される方が多いですね。

―夫婦で温泉ランステ、なんか素敵ですね。

そうですね。ご夫婦でランニングを楽しんだあとは、時間を決めて各々の温泉に浸かり、当店自慢の生ビールで乾杯! 良い休日になるのではないでしょうか」

―ちなみに高松さんはご結婚されていますか?

まだです。ご夫婦で温泉ランステを利用されているお客様を見ると憧れますね!

-団体利用もあるのでしょうか?

学生さんや社会人のランニングサークルとして、10~20名の団体利用も多いです。年に数回、スポーツメーカーさんのランニングイベントで、当店のランステを利用されることもあるんですよ。

―団体利用の場合、事前予約は必要ですか?

特に必要はありません。ただ、夕方以降は入浴利用のお客様で混み合うので、午前中のご利用がおすすめです。

―万博おゆばの温泉で、ランニングに適している泉質などはありますか?

ナトリウム塩化物温泉の『大露天風呂』と『大地の湯』は神経痛、関節痛、筋肉痛に効果があるとされています。また、療養泉と呼ばれる1000ppmの高濃度炭酸泉は、肩こりや腰痛に効果的といわれています。炭酸泉は体温に近いぬるめの温度なので、じっくり身体の芯から温まり、湯冷めしにくいのでおすすめです。

―万博おゆばおすすめの温泉ランステ利用法はありますか?

豊かな自然を楽しみながら万博外周道路をぐるりとランニングして、シャワーで汗を流します。その後、サウナと水風呂で更にたっぷりと汗を流し、体温に近い温度の炭酸泉でじわじわと身体を温めてください。炭酸泉は体内の血管を広げて血流を良くするほか、美容液としても使用されるので、美肌効果も期待できます。

―全身美容液に浸かるなんて、贅沢ですね。

特に女性の方に喜ばれています。そしてお風呂のあとは当店のレストランで生ビールや生ジュースなどのコールドドリンクをどうぞ。

お話を伺っていたら体験したくなってきました!
高松さん、ありがとうございました。

3章:源気温泉 万博おゆばの温泉ランステを体験

では早速、温泉ランステ開始です。順を追って、お見せします!

まずは券売機で切符を購入します。

フロントに入浴券を渡して、ロッカーで着替えます。

ロッカー(無料)も大容量で清潔!

フロントにロッカーキーを預けて、簡単な必要事項を記入します。

笑顔が素敵なフロントのスタッフさん

準備完了!ランニングへ出発

随所にマップもあります。

モノレールが頭上を走っていて圧巻です。

エキスポシティの大観覧車

サッカースタジアム近くの道路

大きなサッカースタジアム

遠くに太陽の塔も見えます(この日はあいにくの曇り空)。

横断歩道前には注意喚起の看板が

ゴール目前!

ゴールです。久々のランニングでヘトヘト。1周約5kmのコース

さあ!お楽しみの温泉へ

しばしカメラはお預けです。ここからは文章でお楽しみください。
高松さんのおすすめコース、シャワー→サウナ→水風呂→炭酸泉の順に入ってみましょう。
まずはシャワーで全身洗ってさっぱり!ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがそれぞれのシャワーにセットされています。これだけでも気持ちいい!

次にサウナです。普通のサウナと塩サウナの二種類があり、塩サウナに入ってみました。全身にたっぷり塩をもみ込んでいると、じんわり汗がにじみ出てきました。たっぷり汗をかいたらシャワーで塩を洗い流します。おお!お肌がつるつるになっています。
水風呂で身体を冷やしたら、いよいよ炭酸泉へ。

うう~。思わず声が出るほど極楽です。走ったあとのお風呂がこんなに気持ちいいとは知りませんでした! 炭酸泉の設定温度は38度ですが、体感的には40度くらいに感じます。じわじわ内側から温まっていき、疲労した筋肉がほぐれていくような心地よさです。

お風呂のあとはレストランへ。

おつまみ付きのビールセット。メガビールも

女性に嬉しいフレッシュジュース

お酒好きの私にはたまらない、高松さんおすすめの生ビール。飲みたい! ですが、この日は平日。取材後に息子の幼稚園お迎えが待っています。さすがに酔っ払うのはまずいので、フレッシュジュースで乾杯! 内側からキレイになれそう。

ランステビューおすすめの「温泉ランステ」

温泉ランステは、使用方法や料金が通常の入浴利用とほぼ同じなので、手軽でリーズナブル。ランステデビューにぴったりです。また、お風呂にゆっくり浸かることで、全身の血行が良くなり、疲労回復やリフレッシュにもつながります。
今回体験した万博おゆばのリラクゼーションにはストレッチで身体をほぐす『ストプレ』があるので、温泉ランステ+ストプレも良さそうです。オフの日なら、温泉ランステ+生ビールセット、ファミリー利用なら、万博記念公園でパパ(ママ)と子供達が遊んでいる間に、ママ(パパ)が万博外周をランニングして、みんなで温泉&食事プランも楽しそう。

皆さんも温泉ランステでいつもとは違うランニングを楽しんでみてください。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニング後は温泉につかろう!温泉ランステのススメ
Spoleteマラソンアンバサダー
齋藤未奈子  [記事一覧]

6歳の息子を持つ1児の母です。出産前は週3回、3~5kmのランニングをしていました。夫はフルマラソン経験者。息子も走るのが大好き。数年前から地元で開催されるファミリーマラソンやファミリーリレーマラソンに家族で参加しています!
齋藤未奈子

あわせて読みたい




ページトップへ