ランニングをすると肩がこる理由



ランニングをしていると肩がこってしまう、という悩みを持つランナーは意外と多いものです。体を動かすと血行が良くなるはずなのにどうして?と思っている方、肩こりの原因を理解して、もっと快適なランニングを目指しましょう。

ランニングをした後は心地よい疲労感がありますが、数日間の筋肉痛に悩まされる方も多いのではないでしょうか。しかし、意外に多いのがランニング後の肩こりの悩み。長い間走っていると肩がこって痛みを感じたり、腕がしびれたりすることもあるようです。健康のためのランニングで体の不調を感じてしまっては本末転倒です。肩こりの原因を理解して対策を講じ、より快適なランニングを目指しましょう。

どうしてランニングで肩がこるの?

ランニングは長時間同じ動作を続けるので、体が疲れるのは当たり前です。一番酷使しているのは脚なので、足がだるくなったり痛くなったりするのは分かりますが、どうして肩がこってしまうのでしょうか?原因はどうやらフォームにあるようです。

下を向いて走っていませんか?

自分のランニング中の姿勢を思い出してみてください。下を向いて走っていませんか?下を向いて猫背気味になっていると首や肩に負担がかかってしまいます。一度自分がどんなフォームで走っているかビデオを撮ってみるのもいいかもしれませんね。自分が思っていたフォームと実際のフォームが違っていてびっくりするかもしれませんよ。

張り切って腕を振りすぎていませんか?

ランニングは腕振りが重要だと思って、必要以上に意識していませんか?肘を曲げて前後に腕を振ると肩が少し上がります。この状態だと肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまい、肩甲骨周りの筋肉が硬くなると肩に負担がかかってしまいます。腕を振るというよりは肘を後ろに引くという感覚がいいようです。

ランニング中の肩こり解消法

ランニング中の肩こりの原因はフォームや腕振りにあることがわかりました。では、どのようにしたら肩こりが解消され快適にランニングできるのか、具体的な肩こり解決方法を説明しますので、ぜひ試してみてください。

まずはフォームの改善から

肩甲骨を軽く引いて背筋を伸ばします。頭が上から引っ張られている感じをイメージして猫背にならないよう意識しましょう。そして、おへその下の丹田と呼ばれる部分に力をいれみてください。余計な力を上手く抜いてリラックスすることが大切です。

肩がこっていると感じたら両手ぶらーんが有効

走る時は腕を振りますが、それにばかり気がいってしまうと知らず知らずのうちに上半身に力が入ってしまいます。走っている間に両手をブラブラさせてみましょう。ベテランのランナーが両手をだらーんとさせているのを見たことありませんか?こうすることでほどよく力が抜けます。また、腕の位置を腰くらいに下げるだけでも大分楽になりますよ。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ランニングをすると肩がこる理由

あわせて読みたい




ページトップへ