マラソン前日と当日の食事

長時間走るマラソンは大量のエネルギーを消費します。バテずに完走するには体内にエネルギーをしっかり貯蓄しておくことが大切で、そのためには食事の内容やとり方がポイントになってきます。数日前から食事に気を付けてコンディションを整えましょう。

マラソンでは大量のエネルギーを消費するため、数日前から食事に気を付け、エネルギーを体内に貯蓄しておかなければなりません。マラソンを愛する方たちのために、正しい食事のとり方、注意しなければならないことをお教えします。

食事がマラソン完走のポイント

マラソンはかなりたくさんのエネルギーを消費します。マラソンを完走するためにはエネルギーを上手く体内に貯蓄しておくことが重要なポイントとなります。前日、当日の食事ももちろん大切ですが、数日前の食事からすでにマラソンに向けた準備は始まっているのです。

カーボローディングって?

カーボローディングという言葉を聞いたことありますか?「カーボ=炭水化物」、「ローディング=詰め込む」という意味で、エネルギーの元となるグリコーゲンを身体にしっかり蓄積しておくための食事です。貯金したグリコーゲンを使って42.195キロを走りぬきます。では、カーボローディングは具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか?

カーボローディングのやり方

カーボローディングの方法は大会3日前から炭水化物を1.5倍増しにして、お肉や魚などのたんぱく質を半量にすることです。ただやみくもに炭水化物を食べればいいというわけではありません。食事の全体エネルギー量の内、炭水化物が占める割合を70%にすることが大切です。ご飯の量を増やす、おやつに大福やお団子を食べるのがいいと思います。

前日、当日の食事で気を付けること

前日、当日の食事はマラソン前の最後の仕上げです。効率よくエネルギーを使って理想のタイムに近づけるよう、食事内容や食事時間に気を付けて万全の状態でスタートを迎えましょう。

前日は脂質を控えめに

前日の食事は脂質を抑えましょう。油ものの食事は消化吸収が悪いので、排便のリズムが崩れてマラソン途中にトイレに行きたくなってしまったり、腸内にガスが溜まって走りにくくなったりしてしまいます。ベストコンデションでマラソンに臨めるよう前日の食事にはしっかり配慮しましょう。

当日の食事は炭水化物をしっかりと

炭水化物にはエネルギーの元になるグリコーゲンが含まれています。当日は炭水化物をしっかりとりましょう。パスタ、ご飯、お餅など、自分の好きなものでOKです。ただ炭水化物や糖質がエネルギーに変わるのに時間がかかるのでスタートの3~4時間前には食事を済ませておき、しっかり消化した状態でスタートを切れるようにしましょう。

スポリート公式ブログ
全国ジョギングマップ
ランニングシューズカタログ

YouTubeチャンネル

公式Facebook

公式twitter

ランニングシューズの注目ワード

ウォーキング レディース 初心者 エントリー ビギナー トレーニング マラソン 完走 サブ5 サブ4 サブ3 駅伝 ロード トレイル ウルトラマラソン トライアスロン 日本人ランナー 雨天 防水 撥水 最強 軽量 通気性 耐久性 高反発 グリップ 素足 スリム ワイド 幅広 クッション スニーカー スタイリッシュ ファッション デザイン 普段使い ベルクロ スリッポン プロネーション 青山学院大学 アディゼロ ギャラクシー ゴアテックス


記事の注目ワード

初めて モチベーション 目的 目標 効果 距離 記録 継続 結果 コース 続ける おすすめ おしゃれ お風呂 コツ サプリ スピード スタイル 洗濯 通勤 つまらない テンポ 途中で歩いて 変化 方法 毎日 見られたくない 痩せる 休み ゆっくり 有酸素 リズム 挫折 時間 健康 ランニング ジョギング ストレッチ クールダウン ダイエット カロリー アイテム イヤホン アームバンド 腕時計 ウェア カバン サングラス サンバイザー シューズ スマホ ジャージ ドリンク バックパック 帽子 携帯 ペットボトル アプリ 音楽 手袋 服装 ヘッドライト メガネ 用品 リュック リフレクター グッズ ポーチ パンツ 筋肉 心拍数 血圧 血行 血糖値 体重 体力 脂肪 燃焼 体脂肪 体型 血流 日焼け 貧血 呼吸 疲労回復 いつ 食後 夜中 寝る前 寝起き 夕食 空腹


ページトップへ