トレーニング用とレース用のランニングシューズの違い

シューズはランナー御用達のものを履いて、いざ走る。そんな方も多いのではないでしょうか。じつは、初心者ランナーにとって、その走り方はとても危険。思う以上に、足に負担がかかっているのです。自分のレベルに合ったランニングシューズを選ばないと、足を故障してしまう原因になりかねません。この機会に、トレーニング・レース用のシューズ構造の違いを知り、ランニングの時間を有意義にしてみませんか?

毎日のランニングには「トレーニング用」を

初心者や、自分の心地よいペースや距離で走りたい方は、まずは「トレーニングシューズ」を選びましょう。トレーニングシューズは足の保護を第一目的とし、靴底が厚くて、クッション性・安定性に優れた設計となっているからです。また、1足のみの使用ではなく、何足かをローテーションで使うのも足の保護のポイント。

スピードよりも「足の保護」が最優先

走っている時の足への衝撃は、体重の約3倍かかると言われています。初心者や一般的なランナーだと、その衝撃に耐えうる筋力がついていないため、負担がそのまま足の故障へ繋がることに。その点、トレーニングシューズはクッション性に優れ、走る衝撃を抑えてくれる、がっちりとした重さがあるので、足への負担を軽減してくれます。

1足を使いこむより、何足かを使いまわして

履き込んだほうが走りやすいと、1足のみで走りがちですが、何足かをローテーションして使うのがおすすめです。異なるメーカーのものはさることながら、同じメーカーのシューズでも、タイプやデザインの違いにより、履き心地が異なってくるのです。いろいろと履き比べて、自分に合ったシューズを知ることが、安全で快適なランニングをする第一歩です。

「レース用シューズ」でスピードを追求

軽量でソールが薄く、素足のような履き心地が特徴の「レース用シューズ」。靴底にスパイクがついていて、しっかりと地面をとらえる設計になっています。使用目安は、フルマラソンを約3時間半以内で走れるランナー向けと言われています。

地面をしっかりとらえ、好タイムを目指せる

トップランナーやタイム目的のランナーが対象のシューズなので、素足のように軽く、吸い付くように地面をとらえ、スピードが出やすい作りになっています。そのため、タイムは出ますが、クッション性がほとんどなく、筋肉や膝に直接衝撃がかかる恐れも。初心者ランナーがレースに出場する場合は、無理せず普段のトレーニングシューズで走りましょう。

レース・トレーニング兼用のシューズもあり

レース・トレーニング用の中間的な機能を備えたもので、ソールは薄め、適度なクッション性で、バランスの取れたシューズです。経験を積んで、自信を持って走れるようになったら、まずはこの兼用シューズの使用から始めてみるのがおすすめです。

スポリート公式ブログ
ランニングシューズカタログ

YouTubeチャンネル

公式Facebook

公式twitter

ランニングシューズの注目ワード

ウォーキング レディース 初心者 エントリー ビギナー トレーニング マラソン 完走 サブ5 サブ4 サブ3 駅伝 ロード トレイル ウルトラマラソン トライアスロン 日本人ランナー 雨天 防水 撥水 最強 軽量 通気性 耐久性 高反発 グリップ 素足 スリム ワイド 幅広 クッション スニーカー スタイリッシュ ファッション デザイン 普段使い ベルクロ スリッポン プロネーション 青山学院大学 アディゼロ ギャラクシー ゴアテックス


記事の注目ワード

初めて モチベーション 目的 目標 効果 距離 記録 継続 結果 コース 続ける おすすめ おしゃれ お風呂 コツ サプリ スピード スタイル 洗濯 通勤 つまらない テンポ 途中で歩いて 変化 方法 毎日 見られたくない 痩せる 休み ゆっくり 有酸素 リズム 挫折 時間 健康 ランニング ジョギング ストレッチ クールダウン ダイエット カロリー アイテム イヤホン アームバンド 腕時計 ウェア カバン サングラス サンバイザー シューズ スマホ ジャージ ドリンク バックパック 帽子 携帯 ペットボトル アプリ 音楽 手袋 服装 ヘッドライト メガネ 用品 リュック リフレクター グッズ ポーチ パンツ 筋肉 心拍数 血圧 血行 血糖値 体重 体力 脂肪 燃焼 体脂肪 体型 血流 日焼け 貧血 呼吸 疲労回復 いつ 食後 夜中 寝る前 寝起き 夕食 空腹


ページトップへ