ジョギングの恥ずかしさを克服する方法



外でのジョギングに恥ずかしさを感じることはありませんか?近所の人に見られたくないと、家から遠い場所を走ったり、家族や友達と一緒に走ってみたりと、恥ずかしさを解消する方法はさまざま。人目を気にせず走れるようになるポイントをご紹介します。

思い立って始めたジョギング。汗をかいた姿や荒い息遣いをする自分を、すれ違う人に見られたくないと思ったり、この人ダイエット目的だなあと思われているのでは、と恥ずかしさを感じたりすることはありませんか?その感覚が、ジョギングが長続きしない原因のひとつと言われています。せっかく始めたジョギングを辞めるなんてもったいない!気恥ずかしさを克服するポイントを確認して、毎日のジョギングを楽しみましょう!

努力している姿って、恥ずかしいもの?

ジョギングは、汗をかいたり呼吸が荒くなったりして、もっとも他人に見られたくない面が出てしまいますよね。けれど、ダイエット目的にしろ、健康づくりにしろ、一生懸命努力している姿は、とても素敵に見えます。自信を持ってジョギングができるよう、まずは二つのポイントを実行してみましょう。

初心者さんは、まずはを着用して

走っていると、ヘアスタイルが乱れるし、汗をかいて顔が真っ赤になって、人にはあまり見られたくない場面が多々あります。そんな時は、普段使いの帽子やランニングキャップを被ることで、ある程度の人目を避けることができます。髪の乱れを気にすることなくジョギングができ、集中して走ることが可能です。また、サングラスの使用も効果があります。

見られたくない。ならばいっそ魅せてみては

家にあるようなスウェットやジャージではなく、自分の「可愛い」「カッコいい」と思える、勝負ランニングウェアを着てみましょう。走る時の服装に自信が持てれば、恥ずかしさは消え、今日はどのウェアを着ようかな、とむしろ走るのが楽しく感じるはずです。

楽しい気分になるジョギングをしてみよう

普通の生活感の中に、一人だけ違う服装で走っているのが恥ずかしい、と感じる方には、同じ状況の人とともに、楽しく走ってみる、という手はいかがでしょうか。

一人より二人、気の置けない誰かと走る

一人で走るのが恥ずかしいと感じるなら、家族や友達を誘ってのジョギングがおすすめ。街並みに自然と溶け込む雰囲気と、おしゃべりも気ままにでき、全く気恥ずかしさは感じず、ジョギングを楽しめます。

仲間が多い!ランナー率の高い場所を走る

ジョギングやウォーキングなどしている人が普通にいる場所で走れば、恥ずかしさはなくなります。近所に公園や河川敷がないかチェックしてみましょう。近くにない場合には、家から遠い場所でも、なるべくランナーが多い場所を探して、休みの日などに行ってみると良いでしょう。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

ジョギングの恥ずかしさを克服する方法


ページトップへ