アンバサダーリポート「東京マラソン編」



日本新記録が16年ぶりに更新された、東京マラソン2018。さらに、2位の設楽選手から14位の村澤選手までがサブ10(2時間10分以内に完走)という、過去最高なレースになりました。今回私は、記録ラッシュとなった【東京マラソン】に挑戦するという2人のランナーを追っかけ取材してきました!!

挑戦者1 新嶋さん(30代・都内在住)

ランニング歴5年、フルマラソン9回目で初の東京マラソンに挑戦

挑戦者2 植木さん(主婦・湘南在住)

ランニング歴4年、フルマラソン7回目、2回目の東京マラソン

2人ともフルマラソンの完走経験はあるのですが、自己ベスト更新となる「サブ4」を大舞台の東京マラソンで!と、昨年より試行錯誤しながら練習をする日々、東京マラソン2週間前の最後のロング走として「チャレンジ4時間・湘南LSD」イベントに一緒に参加していました。

LSDイベントにて

「4時間LSDイベントに参加するのは1月と今回で2回目です」と言っていた新嶋さん。
3時間までは走れるものの、3時間以降は足にきてキツイので、東京マラソン本番でも使う予定のサプリを飲んで4時間耐えられるかを確認したい、とレース本番を意識し、サプリやシューズのお試しをしました!

【LSD=ロング・スローディスタンス】

トレーニングはゆっくり長く走り、毛細血管の増築や足の回転を考える、フルマラソンには必須のトレーニング方法。ただ走るだけではもったいので、シューズアドバイザー藤原氏が企画する「藤原商会LSDイベント」では、毎回『レース本番と同じようなイメージで』をモットーに補給食&サプリのお試し、ポーチ&リュックの貸出し、そしてさらに!! LSDやフルマラソン本番でも使えるシューズも貸出しなど、いろいろなお試しができるので「レース前のお試しができるイベント」として人気があるのです(※イベント毎に配布物や貸出し物は異なります)。

今回新嶋さんが使ってみたかったサプリとは……なんと【カツサプ】でした!!

準備運動を終え、4時間走へ!!

とその前に、シューズアドバイザーならでは、シューズの使いかたもレクチャー。

湘南エリアならでは、海沿いのコースをゆっくりと走り、あっという間に1時間経過。茅ヶ崎サザンビーチにてトイレ休憩。

そしてここから再スタート、ゆっくりと海沿いを走りました。途中何度も参加者に声を掛け、シューズの使い方・フォームなどもレクチャーして再び茅ヶ崎サザンビーチに戻ってきました。

そして3時間に突入!!
やっぱりここからがキツかった……。

4時間LSD終了!! フルマラソンで走るのと同じ時間をゆっくりのペースで走る…… 初めての体験でしたがなんとか走りきれました(途中休憩もあるので実際には4時間以上も身体を動かしてます) !

新嶋さん「今回初めて使ったサプリ【カツサプ】。1月の4時間LSDでは3時間以降は足の疲労との戦いでしたが、今回はサプリが効いたのか、足の疲労は前回よりも感じませんでした」

そして実は植木さんも【カツサプ】を試していたとのことで「4時間LSDは急用が入り、3時間で早退しましたが 開始30分前に1本飲みました。終了後も疲れはなく、もう1時間いけそうな余裕がありました」

2人とも、東京マラソンにむけて良いイメージトレーニングができていました!!

東京マラソン当日

東京マラソン当日、私は33キロ付近の沿道からチャレンジする仲間を応援!

30キロまで良いペースで走る新嶋さん、植木さん!! しかし、フルマラソンは実はここからが勝負。

35キロを過ぎた時点で2人に差が少しずつ出てきて、最後に応援していたポイント39キロ地点ではすでに差は5分ほどに……。

そして最後に2人を応援した39キロ付近、差は出てるものの、2人ともしっかりと前を向いて集中して走ってます。

結果は……

新嶋さん、自己ベスト更新&サブ4達成!!

植木さん、自己ベスト更新!! サブ4は達成ならずとも、大舞台で結果を出せた2人、ほんと素晴らしいです!

「やはり1月、2月と2回4時間LSDに参加したことで自信にもつながりました」と新嶋さん
植木さんは、「沿道からの仲間の応援が辛い場所でも刺激になって走りきれました」と。

フルマラソンを一人で走りきるには、相当きつい練習をするのでは?と思われがちですが、
ゆっくりと走る3〜4時間LSDと、5キロのジョグとバランス良く走って、月に100キロ以内の練習でも十分に完走できます。

サブ4以上の結果を出したい場合はそこにプラススピード走などを組み入れたり、また自己ベスト更新するためにレース中の補給食やサプリを、そしてシューズの履き分けなどをしっかりとしてあげれば、おのずと結果はついてくるのがフルマラソンの魅力です。

東京マラソンから2日後、2人に【カツサプ】を飲んでレースを終えた感想を聞いてみました。

新嶋さん
「 東京マラソン当日、サプリはレース1時間前と折り返し地点で1本ずつ飲みました。私の場合はこれまでのレースでは20キロ手前から少しずつ足に違和感が出てきて30キロ過ぎに足がつってしまうことが多かったです。今回も違和感は出ましたが、最後まで歩くことなくゴールできました。レース後の筋肉痛も、全然違います」

植木さん
「東京マラソンでは開始30分前に1本、折り返し地点でもう1本飲みました。残念ながら30キロ過ぎから失速してしまいましたが 、足がつるなどのトラブルはなかったので 歩くことはなかったです。当日夜は さすがに足が痛かったですが、翌日は だいぶ回復し、普通に仕事をこなせました」

私も3月の名古屋ウィメンズマラソンでは、カツサプ飲んで自己ベスト更新に挑みたいです。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

アンバサダーリポート「東京マラソン編」
Spoleteマラソンアンバサダー
シューズアドバイザー助手  [記事一覧]

美味しいビールを飲むため! 2011年から職場の仲間と月に一度皇居を走り始め、 2012年から毎年フルマラソンに出場するようになった、ラン歴7年目のサブ4ランナーです。 現在は 【藤原商会】シューズアドバイザー助手として、ランニングとシューズを 探求しています。
シューズアドバイザー助手



ページトップへ