アンバサダーリポート「お餅のパワーで走りきる!」


2020.3.19

こんにちは。アンバサダーのYaekoです。 ハーフマラソンと、河川敷のマラソン大会(30K)でエネ餅を使用してみました。 思った以上にパワーの持ちが良かったので、使用した感想を紹介させて下さい!

お米のちからをおいしく摂れる自然食「おもち」に、パワーの源となる糖質をゆっくり吸収する、パラチノース®を配合した、「Enemoti(エネもち)」。

後半エネルギー切れをしてしまいがちなので、レース前は腹持ちのいいお餅を食べたいですが、食べたくても、お餅が家に無かったり、スタート前に手軽に食べるのが難しい食材。
エネもちはレース前やレース中に食べるのに良さそうで、友人から美味しいとも聞いていたので、前から気になっていました。

フルマラソンでは、朝ごはんにパンとエネもちクルミ味を半分食べ、レース前に残りの半分食べました。
ベタつかないように工夫されていて、レース中に少しずつ食べるのにも良さそうでした。

結果は最後までチカラが抜ける事なく走り続けることができ、PB更新!
不安なく走れると、いい結果が出やすいものですね。

河川敷のマラソン大会(30K)では、レースの30分前に塩味を一つ食べ、レースに臨みました。
クルミ味、塩味、どちらも美味しかったのですが、個人的には塩味が気に入りました。大き過ぎず、お腹に重たさが残らないのも、走る前にはありがたいです。

雨が降っていて持っていたエネルギージェルをうまく開けることができず、エネルギー補給に失敗しましたが、エネもちを食べていたせいか、バナナを一度補給しただけだったのにエネルギー切れを起こさず走ることができました。
開けやすさで言うと、エネもちは開けやすく、タイムロスも少なくて済みそうです。

この記事でご紹介した商品


記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

アンバサダーリポート「お餅のパワーで走りきる!」
Spoleteマラソンアンバサダー
Kinniku_Yaeko  [記事一覧]

ランニング歴2年
大会参加歴1年のひよっこランナー
筋肉だけは丈夫で持ちがいいのが特徴。通称は、筋肉走り
サブ4達成、100キロ完走
ボストンマラソン出場を目標に更なるPB更新のため、日々奮闘中
Kinniku_Yaeko

あわせて読みたい