【動画】Spolete Shoe Reviews Vol.3 adidas SOLAR GLIDE & SOLAR GLIDE ST



シューズアドバイザーの藤原岳久氏によるシューズ解説です。今回はアディダスのソーラーグライドとソーラグライドSTの違いについて説明します。

動画

「ソーラーグライド」 13000円(税抜)

ソーラーグライドは、ランニングシューズとして必要不可欠な機能性はもれなくあって、それでいて価格とのバランス感のあるシューズ、実質多くのランナーが、このモデルを選択することになるでしょう。
エンジニアードメッシュアッパーは、最近の潮流シームレスソール、足あたりがとてもいいです。プリントパネルの中足部でのフィット感はとてもしっかり感があり、またヒールは、ソーラーブースト同様のフィットカウンターを採用、アキレス腱に動きを妨げない構造と、エクスターナルヒールカップでホールドも忘れません。
ブーストフォーム+ソーラープロパルジョンレール+トルションシステムのコンビネーションがこのシューズの要、クッションを感じながら、足のねじれを適度に抑えて、推進力を作ってくれる感じです。また、ミッドソール構造は、ドロップ10 mmのトラディショナルトレーニングシューズ、体を自然に誘導させてくれます。

「ソーラーグライドST」 13000円(税抜)

ソーラーシリーズで唯一のオーバープロネーション対策シューズ。内側に付いたエナジャイズドスタビリティーは、ブーストフォームとデュアルデンシティー構造になっていて、見た目はソーラーグライドと区別がつかない“そっくりさん“ですが、そこが大きく違います。
アッパーは、エンジニアードメッシュ+プリントパネルでしっかりとした足のつかみ感とストレスのない足あたり感 を実現、高反発、高クッションのブーストフォーム+ソーラープロパルジョンレールは、ソーラーシリーズ共通です。しかし、ソーラーグライドSTのそれは、やはり内側の方が外側に比べて面積のあるものを採用しているのも特徴でしょう。オーバープロネーター(過回内)ランナーのためのシューズと言えます。
ミッドソールは、10 mmドロップで、体を自然に誘導。トルションシステム、フィットカウンター+エクスターナルヒールカップは、アキレス腱周囲のストレスと強固なホールドを実現。これもシリーズ共通ですね。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【動画】Spolete Shoe Reviews Vol.3 adidas SOLAR GLIDE & SOLAR GLIDE ST

あわせて読みたい




ページトップへ