【ヘルニア克服までのSTEP 6】第二ステージへ。走るために必要な筋肉を鍛えよう。



こんにちは、KAKAOです。今日も椎間板ヘルニアのリハビリ第6弾ということで、立川高松整骨院さんにお邪魔しました。

町野

KAKAOさん、おひさしぶりです!最近の調子はどうですか?


KAKAO

腰に痛みを感じる頻度が、極端に少なくなってきました。


町野

それはよかったです!入ってきた瞬間、姿勢がすごくよくなっていて驚きました。今日は少しトレーニングをやったあと、外を走れたらと思っていたんですが、生憎の雨なので室内でみっちりトレーニングしますよ。


KAKAO

みっちり…、がんばります…(泣)


町野

STEP1からSTEP5までが、“痛みを取り除くトレーニング”だったとすると、今日のSTEP6からは、“走る時に必要な筋肉を強化するトレーニング”です。おめでとうございます。第二ステージに突入しました。じゃあKAKAOさん、早速横になってください。


KAKAO

はい!


トレーニング、スタート

1.足を一歩前に出すトレーニング

町野

それではその体勢から、片足をあげるトレーニングをしましょう。気をつけるポイントは足をあげるとき、“お腹に力を入れる→足をあげる→足を下げる→お腹の力を抜く”という4つのサイクルを意識することです。


町野

あれ、結構上手いね(笑)


KAKAO

本当ですか!


町野

うん、かなり自然にできてます。今寝ている状態ですが、このまま立ち上がったときのことを想像してください。


KAKAO

あ!踏み出す一歩を再現しているんですか?


町野

そうなんです。足を踏み出すときには、いつもこの4つのサイクルを意識してくださいね。じゃあ次は、上腹部と下腹部を強化するトレーニングです。そのまま寝そべった状態で、手は胸の位置で前ならえ。指先に、つま先をくっつけるようなかたちで、足を近づけてみてください。


2.上腹部と下腹部のトレーニング

KAKAO

こんな感じですかね…?


町野

うん、そんな感じだね。じゃあそれを10回やってみようか。結構できますね。KAKAOさんは、下腹部には自信があるみたいだね。


町野

次は、上腹部です。足はそのままで、今度は上半身を起こして、指先をつま先に近づけていってください。どうしても届かない場合は、足首あたりでもよしとしましょう


KAKAO

はい!1・2・3・4・5・・・・。先生…これめちゃくちゃキツいです…!!


町野

とりあえず10回頑張って!(笑)


KAKAO

6・7・8・9・・・10!!!!


町野

これは上腹部にきますよね。地道に頑張ってください。


3.側腹部のトレーニング

町野

じゃあ次は側腹部に効くトレーニングやりましょう。右手は床につけて、横に寝そべってみてください。


町野

左手は頭の上にバンザイ。右手で地面を押しつけるようにして、左手でつま先を触ってみましょう


KAKAO

え…?どういうこと?これで合っていますか?(混乱中)


町野

いい感じです!足首は直角にするのがポイントです。これも10回やってみましょう


KAKAO

はい!


KAKAO

あれ…先生…。これもすっごいキツいです


町野

これ、できるようになるのはかなり難しいです。ひとまず10回やってみましょう


KAKAO

ひええええええ!想像以上に、やってみるときつい。


4.トレーニングダイジェスト

走るために必要な筋肉は、腹部だけではありません。
その他の筋肉も鍛えるさまざまなトレーニングが続きました。

5.バランストレーニング

町野

それでは最後のトレーニングです。このマット上に乗って足趾(そくし)の感覚を鍛えるバランストレーニングを行います。スピードや、パワーだけではなく、バランスもしっかり鍛えるトレーニングですよ。


KAKAO

立つだけならなんとかできそうです。


町野

もちろん立つだけじゃないですよ(笑)いまからボールを投げるので、左右それぞれ5回ボールをキャッチできたら今日は終わりです


KAKAO

え〜!!(笑)


KAKAO

これも難しいです〜(泣)


町野

頑張って!あとちょっとだから!


KAKAO

やった!5回とれました!


町野

おめでとうございます。それじゃあ今日はこれで終わりです。教えたこと復習してきてください


KAKAO

はい!ありがとうございました!


体幹トレーニングを繰り返すことで、椎間板ヘルニアの痛みをある程度、取り除くことができました。今日から走るために必要な筋力をつけるトレーニングをおこない、次回以降、少しずつ走っていきたいと思います。走るためだけではなく、日常生活の姿勢も改善されていくので、みなさんも是非お試しください!

取材協力

町野走一先生

1978年生まれの三重県出身。株式会社ケッズトレーナー 立川高松接骨院 院長。三重県立上野工業高校と神奈川大学で陸上競技部に所属。神奈川大学駅伝チームでは主将を務め、大学4年間の中で箱根駅伝総合優勝を2度経験した。天満屋女子陸上部をはじめ、トヨタ自動車、日清食品グループ、日立女子陸上競技部、大阪ガス陸上競技部、日本郵政女子陸上部など多くの実業団チームに帯同。

株式会社ケッズトレーナー 立川高松接骨院

〒190-0011
東京都立川市高松町3丁目13-15 日本医薬(株) 立川ビル3F
TEL : 042-522-8885
https://ks-trainer.co.jp/shoplist/sm_tachikawa.html
肩こり・腰痛・膝痛・五十肩・坐骨神経痛・各関節痛・骨折・脱臼・捻挫・打撲・スポーツ障害など スポーツマッサージと、接骨・鍼・灸の観点から施術を行います。

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【ヘルニア克服までのSTEP 6】第二ステージへ。走るために必要な筋肉を鍛えよう。
Spoleteマラソンアンバサダー
KAKAO  [記事一覧]

新潟県出身、横浜在住のコピーライター。ジム中心のランニング生活から、街中、自然の中でのランニング生活に転換中。自身の食いしん坊ぶりを活かして、食とランニングのコラボレーションを模索する日々。
KAKAO

あわせて読みたい




ページトップへ