【テクノロジー図鑑vol.23】2XUコンプレッションタイツ編─製法はトップシークレット!皮膚のようなしなやかさを持つランニングギア



長年愛され続ける有名プロダクトから、あっと驚く新製品まで。ランニングにまつわる気になるテクノロジーを紐解く、スポリートの“テクノロジー図鑑”。第23回目のテーマは、2XU(ツータイムズユー)のコンプレッションタイツです!

皆さんは、『2XU』をご存知ですか? コンプレッションウェアブランドの先駆けとして世界中で愛され、マラソンをはじめとする陸上競技、トライアスロン、水泳、テニス、野球、サッカー、ラグビー……などなど、挙げればキリがないほどの幅広いスポーツ界でトップアスリート達が愛用する、知る人ぞ知るブランドです。
今回は、そんな『2XU』のコンプレッションタイツについてお話を伺いました。

素材にこだわり抜いたコンプレッションウェアブランド

──2XUのブランド誕生の背景を教えてください。

2XUは2005年にオーストラリアで誕生したブランドです。創業者の一人は元トライアスロン世界チャンピオンのジェイミー・ハントで、彼が自分で走ったり、トレーニングをするときにもっと良いギアがないかと考えたのがブランド誕生のきっかけになりました。そこで、医療機器としてリハビリ時などに活用されてきたコンプレッションタイツに目をつけ、「血行を促進してくれるなど身につけるだけでこんなにもメリットがあるのだったら、もっと軽く、しなやかにすればスポーツにも使えるのでは」と考え、コンプレッションウェアのブランドを立ち上げることになったと聞いています。
ちなみに『2XU(ツータイムズユー)』というブランド名は、直訳すると「あなたを2倍にする」という意味。つまり、「あなたが持つ力や可能性を2倍にする」という意味を込めて名付けられました。

それと、創業者のジェイミー・ハントはトライアスロンのチャンピオンであると同時に、若い頃はアパレル業界で素材開発に携わっていた経験もあるというユニークな経歴の持ち主なんです。当時、コンプレッションウェアを扱うブランドはほかにも出始めていた時期でしたが、2XUは彼ならではの経験を活かして、とにかく素材にこだわりながら品質の高いコンプレッションタイツを作り上げてきました。

──コンプレッションウェアを着用するメリットについても教えてください。

2XUのコンプレッションウェアを身につけることで「疲労軽減」と「疲労回復」に期待できるという、大きくわけて2つのメリットがあります。コンプレッションウェアは、段階着圧によって血流を促進することが大きな機能のひとつです。血行がよくなると、乳酸を溜めずにどんどん血液が循環してくれるため疲れにくくなり、運動後の疲労回復も早くなります。ランナーのみなさんは、長い距離を走っていると途中で脚が重たくなってきたり、走り終えたあと次の日まで疲労が残ってしまったという経験を持つ人も多いかと思いますが、2XUのコンプレッションタイツを履いて走れば、疲れにくさを実感していただけると思いますよ。ちなみに、疲労軽減や回復の大きさについては、アスリートよりも一般ランナーのほうが効果が高いという検証データが出ているので、ぜひビギナーの方にこそまずは2XUのタイツを履いてみていただきたいです。
また、暑くてランニング中にタイツをあまり履きたくないという人も、トレーニング後にリカバリーとして活用しているランナーさんも多くいらっしゃいます。

──段階着圧はどのような仕組みで実現しているのですか?

簡単にいうと、くるぶしから太ももにかけて少しずつ着圧が弱まるようにすることで、ポンプのように血流を促進しています。この段階着圧を厳密に実現するのは結構難しいのですが、2XUは独自の生地によってきちんとした段階着圧を実現しています。

──いったいどんな生地なのでしょうか?

独自の丸編み技術によって、360°バランス良く伸縮する生地になっています。通常、タイツの生地は縦編みで作られるものが多いのですが、丸編みにすることで人間の皮膚のようにストレッチする素材を実現することができました。これによって精度の高い段階着圧を実現できるほか、しなやかに伸縮することで強度も高く、また伸び切ってしまう心配もほとんどなく機能を長くキープできるようになっています。
この生地は、創業者のジェイミー自ら12年ほどの月日をかけて独自開発した特殊な編み機によって作られています。製法については社内でもごく一部の人間しか知りません。編み機を見ることすら、社内のほどんどの人間が許されていないほどトップシークレット扱いなんですよ。
また、もうひとつブランドとしての大きな特徴は、「服を科学している」ということ。自社研究所に加えて、大学や学部の研究機関と共同で検証することで、最新鋭のパフォーマンス生地の開発を実現しています。

──具体的に、ランナーにおすすめのコンプレッションタイツはどれですか?

やはりロングタイツがおすすめです。ふくらはぎからしっかりとサポートするので、血流をより促進してくれます。疲労軽減や疲労回復もより実感できると思うので、とくにビギナーの方は、まずはロングを履いてみていただければと思います。太ももの部分には大腿四頭筋の揺れを抑えるスタンプ加工が施されているタイプのモデルもあるので、筋肉のブレを抑えてより疲労軽減を実感したい方には、『MCSランコンプレッションタイツ MA5305』がおすすめです。

──今後のブランドとしての目標や展望を教えてください。

うちは会社が小さいので宣伝がなかなかできないのですが、だからこそシンプルに「高い品質が評価されて、これだけのトップアスリートに使われている」「科学的検証がしっかりと成されている」ことを今後も伝えていけたらと思っています。そうすれば、さらに多くの方に2XUのコンプレッションウェアを使ってもらえるようになっていくはずです。 それから、日本ではプロアマ問わずオーバートレーニングによるケガが多いので、少しでもケガの予防につながればうれしいです。ぜひ多くの方に、コンディション管理やリカバリーにも興味を持っていただいて、我々のタイツなども活用しながら、自分の体を守ってもらえればと思います。

──世界中のトップアスリートがこぞって愛用するコンプレッションウェア。人気と信頼を集める理由は、自らもアスリートとして活躍していた創業者さんの思いや、社内でもトップシークレットとされる生地作り、科学的にも検証された高い品質など、各所に散りばめられた強い「こだわり」だったのですね。スポリート読者のみなさんも、疲労を軽減してより楽しく走りつづけるために、こだわり抜かれたコンプレッションタイツの力を借りてみてはいかがでしょうか?

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【テクノロジー図鑑vol.23】2XUコンプレッションタイツ編─製法はトップシークレット!皮膚のようなしなやかさを持つランニングギア

あわせて読みたい




ページトップへ