【サプリメント図鑑vol.4】グリコ「パワープロダクション」編─おいしさと健康で目標に並走する!



長年愛飲されている定番から革新的な新製品まで、─ランナーに愛飲されるサプリメントについてメーカー担当者から開発秘話をうかがう、スポリートの“サプリメント図鑑”。第4回のテーマは、江崎グリコ株式会社の『パワープロダクション』シリーズです!

皆さんはグリコと聞いて何を思い浮かべますか?お菓子や食品のイメージも強いグリコですが、スポーツサプリメントも人気商品の一つ。多くのトップアスリートに長年支持されている「パワープロダクションシリーズ」はランナーにもオススメとのこと。そこで江崎グリコ株式会社のNESTA認定パワーサプリメントスペシャリストでもある伊藤大輔さんに、開発の背景や商品の魅力についてお話を聞いてきました!

トップアスリートに向けて開発、発売20年目のサプリメント

──パワープロダクションシリーズ誕生のお話をお聞かせください!

すでに他社からサプリメントが出ていた1999年に後発メーカーとして発売を開始しました。開発当初から、後から出す以上は他社とは違ったアプローチをと考えて進めてきました。
パワープロダクションシリーズの開発にかかわったのは、長年トップアスリートやモデルにコンディショニングやボディメイクの指導をおこなってきた、桑原弘樹氏です。トップアスリートに支持される商品を開発し、自分で使って「体感」したものしか世の中に出さないというポリシーを持っている方です。また我々は食品メーカーですから当然美味しくない商品を世に出すわけにはいきません。
こうして最大のパフォーマンスが出せるように、食品メーカーとして素材と配合などを工夫し開発したのが、グリコの「パワープロダクションシリーズ」なのです。

アスリートなら日々トレーニングする中で100%のパフォーマンスを発揮したいと考えますよね。サプリメントは使い方によって、そのパフォーマンスを最大限に発揮する手助けをすることができると考えています。
そんなパワープロダクションのブランドステートメントは「ゴールへの確信」です。
商品ロゴが逆三角形の形になっていますが、これが「運動」と「栄養」と「休息」の3つが重要であるという考え方を表しています。このブランドステートメントを軸に考えることで、食品メーカーとして身近なグリコの安心感と、ゴールまで寄り添うイメージを大切にしています。

こうしてトップアスリート向けにサプリメントを開発して20年経ちますが、幸いにもユーザーの方からは非常に良い評価をいただいてきました。自信を持ってお届けできるサプリメントですので、アスリートだけに留まらず一般ユーザーや市民ランナーの方々にも広く使っていただきたいと考えています。

ランニングシーンでの使い方について

──ランニングにおいて、トレーニングやレースでのおすすめサプリメントを教えてください!

水分補給とエネルギー補給の一石二鳥「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」

まず長時間ランニング(運動)をする上で欠かせないのが「水分補給」です。「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」はハイポトニック設計のドリンク。ハイポトニック飲料の特徴は、体液より低い浸透圧になっていて、お腹に溜まりにくく素早く吸収される点です。注意点としては、浸透圧を設計しているため、説明書通りの正しい分量の水で溶かして飲んでほしいということ。素早く吸収されますので、おなかがタポタポすることなく、パフォーマンスに影響しません。運動中のドリンクとしてオススメできます。

また、走るときにエネルギーとして使う「糖質」は、いわばガソリンのようなものでこれも欠かせません。
人が貯蔵できるエネルギー、つまりガソリンタンクは約1800kcalと言われています。これは例えばフルマラソンを走る場合だと、糖質を使っているとガス欠になり、エネルギーの補給をしないと走れなくなってしまうということです。
「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」のCCDは、サイクリック・クラスター・デキストリンの頭文字。江崎グリコが開発した高分子のデキストリン(高度分岐環状デキストリン)になります。
デキストリンは運動時のエネルギーとしてオススメのエネルギー源です。「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」だと500mlあたり170kcalのエネルギー(おにぎり約1個分)を摂ることができます。

CCDは、大きな分子構造をしたデキストリンなので、効率よくエネルギーとして使うことができます。
こうした特徴を生かして複数の糖質を配合して開発された「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」は、エネルギーと水分を一緒に摂ることができます。それはランナーにとって、非常に魅力的なことです。

レース本番でのオススメの飲み方は「レース当日の朝から、走る直前まで飲む」ことです。走る前にウォーターローディングとして少しずつ飲んでおくと、身体の2つのタンク(水分とエネルギー)が満タンの状態でスタートできるイメージです。

レース中の筋疲労には顆粒で携帯できる「おいしいアミノ酸 BCAA」

レース中には、顆粒状の「おいしいアミノ酸 BCAA」を携帯して、エイドステーションなどで水と一緒に摂取することをオススメしています。商品名のBCAAとはBranched Chain Amino Acidsの頭文字で、分子構造から分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれており、ヒトが体内で作ることができない必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。
運動時に使われる必須アミノ酸は3つ、このバリン・ロイシン・イソロイシンになるのですが、これが筋肉の主材料になるのです。栄養素を吸収するという事自体にもエネルギーが必要なので、運動時に筋肉のエネルギー源として使われて減っていくBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)補充することで、効率よく吸収することができます。

マラソンのように長時間筋肉を使用する際には、体内で減っていくBCAAが足りなくならないように、積極的にBCAAは摂取したいアミノ酸です。ゴールするまで気持ちを切らさないようにするためにも、BCAAの摂取をおすすめします。

乳酸が蓄積されるのをどうするか?

乳酸はエネルギーの一時保管。使いきれないエネルギーは筋肉の中に保管されますが、乳酸はそれを再度エネルギーに変えてくれます。そこで乳酸が使えないと体は酸性へと傾き、疲労が溜まっていくので早く使ってあげたいですね。ではどうすればよいか?一番は乳酸を発生させないようにコントロールできればいいですが、それも難しい話です。

中盤から後半にかけては、「ハイポトニックドリンク クエン酸&BCAA」を取ることをおすすめします。1本(500ml用)でクエン酸5000㎎、BCAA4000mgを配合した粉末タイプのドリンクです。

レース本番の3バテ対策に「エキストラ・オキシドライブ」「エキストラ・オキシアップ」

レースでは、エネルギーのバテ、筋肉のバテ、呼吸のバテ(呼吸の乱れ)への3つの対策がポイントです。
先に述べたように、エネルギーのバテはCCD、筋肉のバテはBCAAで対策して欲しいですが、呼吸のバテには「エキストラ・オキシドライブ」「エキストラ・オキシアップ」をオススメします。

1. エキストラ・オキシドライブ(レース前の練習に)

マラソンの場合、呼吸持久力を高めることが重要です。緑黄色野菜に含まれるキサントフィルは、ランナーをはじめ有酸素系の運動をされる方に摂っていただきたい素材です。特に赤パプリカの赤い色素「パプリカキサントフィル」は酸素運搬に着目した素材で、2週間から3週間程度の継続摂取がおすすめです。

2. エキストラ・オキシアップ(レース当日の本番に)

カラダに取り込まれた酸素が血液を介して細胞内に取り込まれ、エネルギーに代わるメカニズムが電子伝達系です。そのエネルギー産生に着目したのが、「エキストラ オキシアップ」です。オキシドライブと同様に呼吸持久力を高めるために、是非ランナーにはおすすめのサプリメントです。練習や、レースの30分~1時間前に摂取するのがオススメの飲み方です。

パワープロダクションシリーズの人気は?

──商品全体での人気ランキングを教えてください!

1位 「エキストラ・アミノアシッド (愛称:金グリ)」

頑張った後の回復におすすめ!休息の前に摂りたい9種類の素材を配合。トレーニングなど運動直後の回復や就寝前の摂取がおすすめです。さらに疲れた日常生活にもオススメです。

2位 「エキストラ・ハイポトニックドリンク CCD」

低浸透圧設計のハイポトニック飲料。運動中もすばやくエネルギーと水分の同時補給ができます。エネルギーのほかにも、汗で失われたナトリウム、カリウムや運動に必要な7種のビタミンを配合しています。マラソンならレース当日の朝からスタート直前まで少しずつ飲むのがオススメ。さらに熱中症対策にもオススメです。

3位 「マックスロード チョコ味」

パワープロダクションプロテインシリーズの人気商品です。トレーニングや運動などで筋肉を酷使した後は、運動直後から30分くらいまでにプロテイン=タンパク質を摂るのが良いとされています。これはタンパク質を摂取するゴールデンタイムと言われていますが、マックスロードは品質と美味しさにこだわって作っていますので飲みやすさも好評です。

目的と用途に応じて選べるサプリメント、パワープロダクション

自分の目標に対して、サポートしてくれるのがサプリメント。パワープロダクションは商品がたくさんあるので初めは何から選べば良いか迷いましたが、商品に対するこだわりと開発の背景を聞いてみると、むしろ明確に目的分けされた商品群なのだと理解できました!用途やシーンによって使い分け、知れば知るほど使いたくなるサプリメントなのだと感動!
また、きちんとそのサプリメントの体感を得るためには、その製品を理解して、自分なりに納得して摂取することが大切だとよくわかりました。ありがとうございました!

オフィシャルサイト

パワープロダクション ブランドサイト http://www.powerproduction.jp/

記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう

【サプリメント図鑑vol.4】グリコ「パワープロダクション」編─おいしさと健康で目標に並走する!
Spoleteマラソンアンバサダー
ayame  [記事一覧]

3歳の息子を子育て中の40代兼業主婦。中学高校は帰宅部、短大時代はヨット部幽霊部員。スポーツ観戦が大好きな運動音痴。人生の折り返しに無謀なことにチャレンジしたいと思い、フルマラソン完走を目標にする。
ayame

あわせて読みたい




ページトップへ